火を使わないから固まらない(ダマにならない)!超簡単濃厚カルボナーラの作り方

カルボナーラ 料理

最近卵やチーズを加えたパスタをよく見かけます。

とてもおいしいんですが、慣れていない人が家で作ろうとすると火加減の調節が難しく、失敗してしまうことも多いです。

特にカルボナーラは卵とチーズ両方使うので大変です。

今回はそんな初心者向けに火を使わずに作れる簡単カルボナーラを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ダマにならない、なめらか「カルボナーラ」の作り方

材料(1人前)

  • 生クリーム    100ml
  • 卵        1個
  • パルメザンチーズ 大さじ1と1/2
  • 塩        小さじ1/2
  • パスタ      1人前
  • ベーコン     適量
  • ブラックペッパー 適量

パスタを茹でる湯を沸騰させる間に、ソース作りから始めていきます。

まずはベーコンから。スライス状の薄いベーコンでもいいので好みの量を準備してください。入れすぎは塩辛くなってしまうので気を付けて。

カルボナーラ

食べやすい大きさに切っておきます。

個人的にはスライスよりも厚めの方が好きです。見栄えも良くなる気がします。

 

続いてソース作りです。

生クリームパルメザンチーズを人数合わせていきます。

ベーコンの塩気がかなり強いので塩は少なめでもOKです。足りなかったら取り分けた後にも追加できます。

最終的にはパスタとベーコンもこの中で混ぜ合わせていくので、深めの鍋を使ってください。

カルボナーラ

よく混ぜていきます。

カルボナーラ

混ぜ終わった頃にはお湯が沸騰していると思うので、パスタを茹でていきます。この間にさっき切っておいたベーコンを焼いていきましょう。さすがにここは火を使う必要があります。

少し焦げ目がつくくらいがちょうどいいです。

カルボナーラ

パスタとベーコンがしあがったら、ソースを準備した鍋の中に入れてよく混ぜます。

カルボナーラ

ソースには火にかけないので冷たくなりそうですが、パスタとベーコンの熱だけで結構温かくなります。
パスタとベーコンをできるだけ熱々の状態で投入するのがポイントです。
余裕があれば、このタイミングで固まらない程度に火を入れてあげると良いかもしれません。

最後に盛り付けて完成です。

ブラックペッパーを振りかけるとおいしくなります。

カルボナーラ

火にかけていないので、卵やチーズが固まったぼそぼそした感じが出ません。なめらかでクリーミーなカルボナーラになります。

ちなみに、「卵黄」をトッピングしてあげるとより本格的な味わいになりますよ。

 

分量通りに作ればソースはかなり多めにできるので、たくさんかければスープスパのようになってさらにおいしくなります。

スポンサーリンク

最後に

ありえないくらい簡単に作れますが味もなかなか。濃厚なカルボナーラが作れます。

前にテレビでイタリアンのシェフがカルボナーラを作っていたときも、ソースにほとんど火を通していなかったので、あながち間違っていないと思います。

ぜひ一度試してみてください。