魔法の隠し味マジックソルト!炊飯器で簡単に鶏ハムが作れるようです。

マジックソルト 料理

ハムといえば豚肉ですが、Kurashiruにて「鶏ハム」を見つけました。

鶏ハムは前から気になってましたが、なかなか食べる機会がなかったので今回作ってみようと思います。

炊飯器を使った簡単な作り方でしたので、誰でも出来そうです。

スポンサーリンク

鶏ハムの作り方

材料

  • 鶏胸肉(230g)
  • マジックソルト(小さじ2)
  • オリーブオイル(70㏄)

道具

  • ジップロック
  • 炊飯器

 

使う部位はむね肉です。

冷凍庫に眠っていた鶏胸肉が230gだったので、これに合わせて適当に調味料の量を調整しました。

皮はいらないようなので剥がしておきます。

鶏胸肉

はじめにマジックソルト小さじ2を鶏胸肉全体に振りかけます。

少し多めにかけてもいいと思います。

鶏胸肉 マジックソルト

次はジップロックに先ほどの鶏胸肉と、オリーブオイル70㏄を加えます。

この段階でマジックソルトが一部はがれてしまいました。

マジックソルトは、はがれないように手でしっかりと付ける必要があるようです。

鶏ハム

なるべく空気が入らないようにしてください。

鶏ハム

炊飯器の中に鶏胸肉と、80℃のお湯を入れます。空気めっちゃ入ってました。

あとは保温で40分待つだけです。

鶏ハム

三ツ星シェフの魔法の隠し味「マジックソルト」

待ち時間が暇なので、マジックソルトの紹介をしておきます。

マジックソルト

マジックソルトは、名前からしてちょっと変わった塩のように思われます。確かに塩をべースにしていますが、塩以外にこんなものが含まれています。

  • こしょう
  • 砂糖
  • ごま
  • トマトパウダー
  • パセリ
  • フライドオニオン
  • ガーリック
  • タラゴン
  • その他香辛料

タラゴンはよくわかりませんが、塩以外のものがかなり入っていますね。

ちなみに使うのは初めてです。

とりあえず匂いをかいでみましょう…。ハーブの中に、酸味の効いたトマトが感じられる爽やかな香り。最高です。レストランで出てくる料理の香りそのものです。

それもそのはず。

どうやらこのマジックソルトは、三ツ星シェフの「ダニエル・マルタン」監修のもとブレンドされた商品らしいです。

料理はあまり詳しくないので、名前を聞いてもパッときませんが、三ツ星シェフなのですごいんでしょう。

匂いをかいだだけで、どんなものでもおいしくしてくれるような可能性を感じました。

まだ30分くらい時間があるので、最初に剥いでしまった胸肉の皮をマジックソルトで焼いて食べます。もったいないんで…。

鶏皮 マジックソルト

鶏皮のソテー~マジックソルトをまぶして~

ただの皮ですが、マジックソルトを使うことでおいしくなりました。

小さい町のレストランくらいでなら、看板メニューになります。マジックソルトは匂いだけでなく味もなかなかインパクトがあります。

40分たったので、様子を見てみましょう。

鶏ハム

いやぁ、いい感じじゃないでしょうか。

胸肉なのでもともと脂は少ないですが、オリーブオイルのおかげで食欲をそそるジューシーな見た目になりました。

鶏ハム

断面はこんな感じです。パサパサじゃなくて安心しました。(以前塩釜焼きをした時トラウマになりました

完成です。

鶏ハム

枝豆、ビールと一緒に食べます。

味はどうでしょうか

鶏ハム

しつこいですが、マジックソルトの香りがたまりません。

味ももちろん最高です。今回は鶏ハムの紹介をするはずでしたが、なぜかマジックソルトの紹介になってます…。

鶏はしっかりとハムになってました。これが鶏ハムですか。

焼きでは味わえない独特な食感です。また作りたいと思うくらいの出来でした。

みなさ。マジックソルトを買うついでに、鶏ハムでも作ってみてください。

まとめ

枝豆

マジックソルトがやばい。あと枝豆がおいしい。