【WordPress】画像がアップロードできないHTTPエラーの対処法2つ

WordPress HTTPエラー WordPress

先日、WordPressで記事作成中に画像ファイルをアップロードしようとしたら、なぜか正常にアップすることが出来なくなりました。

たぶん一時的なものだろうと思いながらも、対策を調べてみました。

ひとまずアップできるようになったので、万人に有効そうな対策を2つまとめておきます。

スポンサーリンク

WordPress HTTPエラーの対処法

ネットで公開されているエラー対処法を試しても上手くいかないことって普通にあります。

複雑なプログラムですから、微妙な環境の違いによって原因も違うんでしょうね。

今回の対処法も1つの可能性として試してみてください。

1、画像系プラグインの停止

EWWW Image Optimizer

WordPressで急に不具合が生じたら、プラグインが悪さをしている可能性があります。まずこれを疑いましょう。

今回は画像に関する挙動がおかしくなったので、画像プラグインを調べてみることにしました。

そこで候補に挙がったのが「EWWW Image Optimizer」です。

これは画像のファイルを圧縮するためのプラグイン。いろんなとこで紹介されているので、使ってる人も多いでしょう。

 

結論を言うと僕の場合、このプラグインを停止してみても症状は解消されませんでした。

しかし、これでHTTPエラーが解消された事例もあるようです。試してみる価値はあるでしょうね。

プラグインが原因のWordPress不具合は結構多いんですよ。なんせ無料のものですから仕方ないことですけど。

2、ロリポップのWAF設定を無効にする

レンタルサーバー「ロリポップ」のWAF設定。こいつにも最近よく邪魔をされています…。

【WordPress】ウィジェットがなかなか保存できない。原因はサーバーにあった
WordPressのウィジェットを追加するとき、なぜかいつまでたっても保存が出来ないときがあります。 たまにウィジェットにコードを張り付けて保存すると、横で永遠にクルクル回り続けていことあります...

これに関しては上記記事で詳しく触れていますが、面倒ですね…。

一応サイト改ざんの対策をしてくれているみたいなので、考えなしに常時無効にすることも気が引けます。

ロリポップ WAF設定

WAF設定画面で対称のドメインを一時的に無効にしましょう。僕の場合はこれで何とか解消されました。

ロリポップを使っている場合、WAF設定がWordPress不具合の原因になることもよくあるので、ロリポップユーザーは知っておくといいかも。

スポンサーリンク

最後に

たぶんこの症状は時間が経てば自然と直るような気がします。

すぐに解消したい場合は今回紹介した方法を試してみてください。

WordPressの不具合が起きた時、ロリポップユーザーはとにかくWAF設定を試してみましょう。