JavaScriptのオブジェクト指向とは?オブジェクト指向の基本的な要素を紹介。

JavaScript オブジェクト指向 web制作

今回はJavaScriptの基本的な部分を紹介していきたいと思います。

中でも今回はオブジェクト指向を中心に見ていきます。

JavaScript記述の核となる基本的な考えです。

スポンサーリンク

JavaScriptとは

JavaScriptは主にwebページに動きをつけるために使われるプログラミング言語です。

HTMLとcssで整えられたwebページに様々な動きを加えることが出来ます。

コンパイル作業の必要がなく、JavaScript対応ブラウザでなら簡単にスクリプトが実行できます。

JavaScriptの記述方法

JavaScriptの記述には下記の2種類があります。

HTMLドキュメント内に記述

HTMLドキュメント内にscriptタグを使って記述します。

<script type="text/javascript" >
スクリプトを記述
</script>

外部ファイルに記述

外部のファイルを用意して、スクリプトを記述します。

<script type="text/javascript" src="JavaScriptのパス"></script>
スポンサーリンク

JavaScriptはオブジェクト指向のプログラミング言語

JavaScriptはオブジェクト指向のプログラムです。

まず動きを加える対称(ブラウザ、htmlのタグなど)をオブジェクト(もの)とし、そのオブジェクトを中心にデータを参照、変更、実行するプログラミングの考えを、オブジェクト指向と呼んでいます。

JavaScript以外にも多くのプログラミング言語で、このオブジェクト指向が採用されています。

JavaScriptの基本オブジェクト紹介

組み込みオブジェクト

組み込みオブジェクトは、JavaScriptであらかじめ準備されているオブジェクトです。

  • Date 日付の操作に使用
  • Array 配列の操作に使用
  • Error エラー情報の管理に使用
  • Number 数値の操作に使用
  • Function 関数の操作に使用

など

ブラウザオブジェクト

ブラウザの機能を扱うためのオブジェクトです。

  • window ブラウザそのもの
  • document コンテンツ部分
  • history 履歴
  • location URL
  • navigator ブラウザに関する情報
  • screen モニターの大きさ
  • cookie クッキー
  • form フォームタグ

など

オブジェクトの大まかな要素

オブジェクトは大まかに分けると、下記の2つに分かれます。

プロパティ

オブジェクトの見栄えなどのデータ

メソッド

オブジェクトを操作する命令

オブジェクトの基本記述構文

プロパティや、メソッドの呼び出し方法を簡単に紹介しておきます。

オブジェクト.プロパティ;
オブジェクト.メソッド(パラメーター…);

document.write(‘あいうえお‘);

これはdocumentオブジェクトに対して、writeメソッドを使い、「あいうえお」というパラメーターを渡しています。(コンテンツエリアに「あいうえお」と記述)

※記述の注意

  • 文末には「;」を付ける
  • 全角はNGで大文字小文字は区別される

最後に

JavaScriptのオブジェクト指向を中心に見ていきました。

ほんの一部でしたが、あとは実際にスクリプトコードを見ながら少しずつ覚えられたらいいと思います。

次回からは、これをもとに各オブジェクトに対するメソッドなどを紹介していけたらいいかと思います。