クチナシの実を使って黄色い麺を作る方法

つけ麺 料理

家で黄色い麺を作りたいときは「クチナシの実」を使うと良いですよ。

クチナシの実はいろいろな料理の染色に使われます。

家ラーメンを作るときにぜひお試しください!

スポンサーリンク

麺を黄色く染色するには「クチナシの実」を使う

クチナシの実は、黄色い着色料として有名です。

昔から漢方としても重宝されているほどで、実は身体にも良い効果を持ってるんですよ。例えば血流を良くしてくれたり。

クチナシの実で染色されている代表的な食品

クチナシの実を使うと、鮮やかな黄色を出すことができます。

よく使われるのがこちら。

  • 栗きんとん
  • モンブラン
  • たくあん
  • お茶
  • 麺 etc

特に「和菓子」や「漬物」など、見栄えの良い綺麗な色味を出したいときに使われますね。

もちろん香りはほとんどないので、食品の味や香りへの影響はありません。

 

ラーメンの場合、「かん水」を使うことで麺を黄色くすることもできるんですが、最近は小麦そのものの質が良いので、わざわざかん水を使うことなく、健康に良いクチナシの実で染色することがあるみたいですよ。

スポンサーリンク

クチナシの実で黄色い麺を作る手順

クチナシの実を使ってラーメンを黄色く染色したいときは、小麦粉に混ぜる水を黄色くすることで麺を染色します。

黄色い「クチナシ水」を使うことで麺が黄色く染まる仕組みです。

手順はこんな感じ。

1、鍋にお湯を沸かしクチナシの実を入れる

クチナシの実

まずは鍋にお湯を沸かして、クチナシの実を投入。

水は麺に加える分量よりも少し多めに沸かしておきましょう。

2、徐々に黄色くなってくる

クチナシの実

放っておくと徐々に水が黄色くなってきます。

一見これで十分そうにみえますが、この程度では麺を黄色くすることはできません。

3、水がオレンジ色になるくらいがちょうど良い

クチナシの実

さらに時間が経つと、黄色を超えてオレンジ色になってきます。

麺を黄色くしたい場合は、これくらいを参考にしてみてください。

 

なかなか色がつかないときは、クチナシの実を割ってみると濃い色が付きますよ。

4、軽く濾して冷蔵庫で冷やす

あとは軽く濾して冷蔵庫で冷やせば「クチナシ水」の完成です。

染色液なので服や台所にこぼさないように注意しましょうね。

 

これで、普通の水のように製麺する際に加えたら、黄色い麺が出来上がります。

食欲そそる黄色い麺

麺 黄色

とまあこんな感じで黄色い麺が製麺できました。

写真だと分かりづらいですが、かなりいい感じの黄色に染色されてます。

麺 黄色

茹でたあとの写真だと分かりやすいでしょうか?

 

麺が黄色くなったからといって味が変わるわけではありません。

あくまでも見栄えの話。

ラーメン屋さんでも、白い麺を使っている店もあれば、黄色い麺を使っている店もありますよね。

つけ麺

かん水やクチナシの実を使わずに製麺すると、どれもうどんみたいな白色の麺になってしまいます。

白い麺があう場合もありますが、やっぱりラーメンは黄色い麺の方が食欲をそそりますね。