【Simplicity】サムネイル画像上にカテゴリーのラベルを付けてみた

Simplicity カテゴリー WordPress

少し前に、ユーザビリティを考え「エントリーカード全体をリンク化」しました。

せっかく作った記事一覧のCSSも一新する羽目になりましたが…。

それに伴ってカテゴリーのデザインも変えてみたのでまとめておきますね。

スポンサーリンク

【Simplicity】サムネイル画像上にカテゴリーラベルを付ける

今回のカスタマイズ実装イメージはこちら。

Simplicity カテゴリー

デフォルトで投稿日の右にあったカテゴリーを、サムネイル画像上の左上にレイアウトしました。

SimplicityのHTML構造上、PCサイト専用のカスタマイズとなってます。スマホサイトに対応させようとすると少し厄介なんです。

そんなわけで、スマホサイトのカテゴリーは「display:none;」で削除してあります。

 

それでは実際に見ていきましょうか。

今回のカスタマイズは大きく分けて2つの手順に分けられます。

1、カテゴリーをラベル風にデザインする

まずはカテゴリーをラベル風にデザイン。CSSはこちらです。

background-color: #499eda;
color: #fff;
padding: 2px;
font-size: 12px;
width: 80px;
text-align: center;
opacity: .9;
  1. 背景色を指定
  2. 文字色を指定
  3. 文字周りの余白を指定
  4. 文字サイズを指定
  5. ラベルの横幅指定
  6. 文字を中央寄せ
  7. ラベル透明度を指定

それぞれ変更する必要があるとすれば、1くらいでしょうか。

ラベルの横幅は、自分の扱うカテゴリー名の長さによって調整する必要がありますね。

2、カテゴリーをサムネイル上に移動させる

デザインが決まったら、ラベルの位置を移動させましょう。

これがちょっと面倒なんですが…。

position: absolute;
margin-left: -720px;
margin-top: -100px;
  1. 絶対位置による配置方法
  2. 左の余白を指定
  3. 上の余白を指定

margin」は要素の余白を指定するプロパティですが、マイナスの値も設定することが出来ます。

あまり良い方法とは言えませんが、これを利用して要素を強引に移動させることが出来ます。移動させたい方向にマイナスの値を指定してあげましょう。

Simplicity カテゴリー

黄色い部分が「margin」を表しています。

カテゴリーが右下から左上に移動したイメージがつかめたでしょうか?

最後に

最後に、2つをまとめたものがこちらです。

※セレクタは「エントリーカード全体をリンク化」を適応したときのもの

/*カテゴリーラベル
===================================*/
.hover-card article .entry-card-content header .post-meta .category{
   position: absolute;
   margin-left: -720px;
   margin-top: -100px;
   background-color: #499eda;
   color: #fff;
   padding: 2px;
   font-size: 12px;
   width: 80px;
   text-align: center;
   opacity: .9;
}

セレクタはかなり細かく指定していますが、こんな構造になってるんです。

HTMLの構造は無料のweb開発ツールで調べられるので、カスタマイズしたい人は使ってみてください。