アフィリエイトでネットショップの集客力が格段にアップ!

ネットショップ アフィリエイト ネットショップ

ネットショップの集客方法はいくつかありますが、その1つに「アフィリエイト」があります。

開店したばかりの人は初めて聞く言葉かもしれませんが、広告の1種みたいなものです。

ここではそんなアフィリエイトのを使ったネットショップの集客方法を紹介します!

スポンサーリンク

「アフィリエイト」って?

まずはアフィリエイトというサービスの仕組みを理解するところから始めましょう。

 

アフィリエイトは簡単に言うと広告の1種。

あなたがネットショップで販売している商品を、「成果報酬」を支払う代わりに紹介してもらうことができる仕組みとなっています。

【成果報酬】
紹介(ブログなどによるレビュー)によって実際に商品が売れたら(成約したら)、それに応じて自分が設定した報酬金額を支払う。

実際に商品が売れたら」というところがポイントです。

Googleアドセンス広告のように、クリックしただけでお金を払う必要はありません。

ブログ等で紹介してもらっても、実際に商品が売れなければそのパートナーに報酬を支払う必要はないということ。

 

アフィリエイト広告を使う目的は「不特定多数に紹介してもらうことで、商品の拡散を狙う」ことです。

web集客のプロに任せることで、自分でやるよりもサイトへの流入が増えることは間違いないと思いますよ。

「広告主」と「アフィリエイター」

アフィリエイトでは、商品を紹介してもらう側を「広告主」、商品を紹介する側を「アフィリエイター」と呼びます。

ネットショップを運営しているあなたは広告主です。

 

広告主側からすると、自社商品との相性を考えつつ、アフィリエイターにとって魅力的な報酬を設定することが重要。大切なパートナーですからね。

金額の目安が分からない場合は、一度他のネットショップがどんな報酬を設定しているか見ると参考になります。

 

広告主とアフィリエイターがペアとなって、ネットショップの売り上げを高めていくのがアフィリエイトです。

スポンサーリンク

ネットショップのアフィリエイトによる集客力はどれほど?

実際にアフィリエイト広告を使うとどれくらい集客アップが見込めるのでしょうか?

ここでは、アフィリエイトを導入することでどんな集客効果が見込めるのかを少し紹介します。

検索エンジンからの集客が強くなる

アフィリエイトは検索エンジンからの集客アップが期待できます。

 

ネットショップの売り上げを安定させるには、メディア掲載からの爆発的な集客よりも、検索エンジンからのお客さんをいかに持てるかが鍵。

アフィリエイターさんは検索上位に記事を表示させる技術を持っているので、上手いけば売り上げアップも十分にありえます。

 

また、ネットショップ運営側では思いつかないような視点からの集客できるのもポイントです。

多くの商品関連キーワードからの検索流入を持つことで、商品の売り上げもより安定してくるでしょう。

実際にアフィリエイトで集客するための手順

ここからは、「実際にどうやってアフィリエイトで集客して行くのか?」その手順を紹介します。

  1. ASPに登録
  2. 自社商品の詳細と成果報酬金額を設定
  3. アフィリエイターからの提携申請を待つ
  4. 紹介リンクから報酬が発生したら成果報酬を支払う

1、ASPに登録

アフィリエイトで集客するときは、まず「ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)」に登録する必要があります。

【ASP】
「商品を紹介して欲しいネットショップ側」と「紹介してくれる側(アフィリエイター)」を結び付けてくれるサービス。

ASPに登録して「自社商品の詳細」や「成果報酬額」を設定しておくことで、成果報酬が欲しいアフィリエイターさんが勝手に商品を紹介してくれるんです。

自分で紹介してくれる人を探すのがベストなんですが、なかなかそういうわけにはいきませんし、せっかくなら不特定多数の多くの人に拡散してもらう方が良いに決まってますよね。

 

ちなみにASPもいろいろな会社が存在するので、ネットショップの商品と相性の良いところを選びましょう。

日本最大級のアフィリエイトサービス「A8.net(エーハチネット)」



ここで1つ有名なASPサービスを紹介しておきます。「A8.net(エーハチネット)」という会社なんですが、日本最大級の広告主・アフィリエイター登録数を誇ります。つまり商品を紹介してくれる人が沢山いるということです。

最終的には複数のASPを併用していく人も多いと思いますが、最初の1つ目としてA8.netを選ぶのが一般的な流れとなっています。

無料の資料請求も受付中です!
A8.netの申し込みページはこちら

2、自社商品の詳細と成果報酬額を設定

ASPへの登録が完了したら、次にASP広告を出す準備を始めます。

自社製品の詳細」や「成果報酬額」を始め、アフィリエイターさんに紹介してもらう上での細かい条件設定をしていきます。

自社製品に関する情報はなるべく多く渡すようにすることで、アフィリエイター側も良い記事を書きやすいですよ。売り上げアップに欠かせないポイント。

3、アフィリエイターからの提携申請を待つ

アフィリエイターさんが商品や成果報酬額を見て「うちのサイトで紹介したい!」と思ったら、「提携申請の申し込み」をしてきます。

 

実は、アフィリエイター側もASPに登録しているんですが、その際に「商品紹介記事を掲載するサイトの情報」も入力しています。

そこにはそのサイトの月間PV数なども含まれているので、「このアフィリエイターさんが商品紹介してくれたらこれくらいのお客さんに見てもらえそう」といった目安も知ることが出来ます。

アフィリエイターさんの集客実績が分かるので、それをもとに実際に紹介してもらうかを決めることも可能です。

 

集客の上手いアフィリエイターさんに紹介してもらえることができれば、売り上げが一気に伸びることも期待できます。

4、紹介リンクから報酬が発生したら成果報酬を支払う

提携しているアフィリエイターさんが書いた記事から商品が購入されたら成果報酬を払います。

このあたりの仕組みは、ASPの管理画面で把握できるようになっているのでご安心ください。

 

商品のクオリティはもちろんですが、やはり成果報酬を高く設定した方がアフィリエイターさんも食いついてくれます。

商品の売り上げが一部持ってかれるというよりは、「広告費」みたいなイメージを持っておくと良いでしょう。