PHPはどんなプログラミング言語?PHP初心者に向けたPHPの特徴まとめ

PHP

シェアよろしくです

PHPはwebシステム作成に使用されるプログラミング言語です。HTMLだけでは表面的なページしか作れませんが、PHPを使うことで検索やショッピングカートなど、より複雑な仕組みを加えることが出来ます。

ちなみにWordPressにもPHPが使われているので、PHPが分かればカスタマイズもできるようになります。

それではPHPの基本を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

PHPの特徴

PHP以外にもプログラミング言語はあります。

そんな中で、PHPがwebシステム開発によく使われているのはこんな特徴があるからです。

HTMLとの相性が良い

PHPはwebページ作成の軸となっているHTMLと非常に相性がいいです。

PHPプログラムを、そのままHTMLの文中に記述することが出来ます。

web開発のためのライブラリが豊富

PHPはweb開発のライブラリが充実しています。データべース、メールなどwebでよく使われる機能との連携が簡単に出来ます。

オープンソース

PHPはオープンソースです。商用・個人利用問わず利用することが出来ます。

PHPが動く仕組み

PHPがどうやって動くのか簡単に紹介しておきます。

PHPはwebサーバ上で動き、PHPプログラムが実行された結果のみユーザーにHTMLとして伝えられます

ですから、PHPを使うためにはwebサーバの準備が必須となります。

PHPの開発環境の作り方ですが、「XAMPP」と呼ばれるPHP開発環境を一括で準備することが出来るものがあります。

PHPを実際に動かしてみたい人は、XAMPPをインストールすることをお勧めします。

PHPのプログラム記述方法

PHPは他のプログラミング言語と比べ比較的に簡単な文法となっています。

それでは、その基本部分を簡単に紹介していきたいと思います。

PHPは開始タグ「<?php」から終了タグ「?>」の中に記述していきます。

これがPHP記述の基本となります。

<?php
   プログラム内容を記述;
?>

cssやJavaScriptと同じように、文の終わりには「」を付けます。

また、先ほどPHPの特徴として「HTMLと相性がいい」と紹介しましたが、実際にHTML文章の中にPHPを記述するとこうなります。

基本的にPHPはHTML内に記述することが多いです。

<html>
<head>
</head>
<body>

<p>あいうえお</p>
<?php
   プログラム内容を記述;
?>

</body>
</html>

こんな感じで簡単にHTMLの中に混在させて記述することが出来ます。

最後に

今回は、本当に簡単なPHPの導入部分を紹介しました。

プログラミング言語は難しいイメージがあって敬遠しがちですが、まずはこんな簡単なところから少しづつ理解できればいいと思います。

自分で少し使いたいくらいなら、少し勉強するくらいで何とかなると思います。

スポンサーリンク



シェアよろしくです

フォローもよければ