【PHP】date()、getdate()関数を使って簡単に日時を取得する方法を紹介します!

PHP 日時の取り扱い web制作

PHPプログラム内で日時を取り扱う方法を紹介します。

自動で日時を取得できるのはとても便利です。

webページ内でリアルタイムの日時を表示するくらいのことなら、誰でもすぐにできるようになると思います。

スポンサーリンク

PHP 日付と時刻

まずは、簡単に日時を取得するための関数を紹介します。

date()関数

日付や時刻を扱うときは、date()関数を使います。

これが一番単純な方法です。

よく使われる引数はこちらをご覧ください。

引数意味
H時(00~23)
h時(01~12)
G時(0~24)
i分(00~59)
s秒(00~59)
Y年(4桁)
y年(2桁)
F月(英語)
m月(01~12)
n月(1~12)
d日(01~31)
j日(1~31)
l曜日(英語)

実際にいくつかを組み合わせて使ってみたいと思います。

日付

このコードで今日の日付を取得し出力することが出来ます。

<?php
   echo date('Y年n月j日');
?>

ブラウザでは、「2017年3月13日」のような形で表示されます。

時間

現在時刻を取得するコードはこんな感じです。

<?php
   echo date('H時i分s秒');
?>

ブラウザでは、「2時10分52秒」のような形で表示されます。

単純にリアルタイムの日時を取得するだけなら、たったこれだけのコードで可能です。

getdate()関数

続いてgetdate()関数です。

これの関数は配列に日時のデータを格納することが出来るので、プログラム中に日時の値を組み込みたい際はdate()関数よりも扱いやすいです。

配列のキーはこちらをご覧ください。

配列キー意味
year
mon
mday
wday曜日
hours
minutes
seconds
スポンサーリンク

最後に

実際に使う機会は意外と少ないと思いますが、覚えておいて損はないと思います。

実は、前にコピーライトの日付を自動更新させるコードを紹介した時にもdate()関数を使っていました。

今回紹介したdate()関数の引数をもとに、自分なりにアレンジしてみるのもいいかもしれません。