最強の組み合わせ「豚・キムチ・チーズ」。豚キムチーズの包み焼きの作り方

豚キムチーズの包み焼き 料理

人気のある定番おつまみ「豚キムチーズ」。

kurashiruにて、面白いアレンジをした豚キムチーズを見つけたので作ってみました。

豚キムチーズ自体はよくありますが、何といっても見栄えがいいのでぜひやってみてください。

スポンサーリンク

豚キムチーズの包み焼き作り方

材料(3個分)

  • 豚バラスライス 18枚
  • スライスチーズ 3枚
  • キムチ 適量
  • 長ネギ 1本

 

豚バラスライスを18枚買ってきました。1個につき6枚いるようなのでこれで3個作れます。

豚バラスライス

まずは下準備で長ネギを切っておきます。画像みたいな感じで切ってください。
長ネギは1本でも余るので、少なめで大丈夫だと思います。

今回は1個につきこれを4かけずついれました。

長ネギ

材料を豚バラスライスで包んでいきます。
まずはこんな感じで3枚ずつを重ねて、十字を作っていきます。

豚バラスライスは中央に行くほど細くなっているので、上手く並べてください。

ここは結構な重要ポイントだと思われます。

豚バラスライス

チーズ、キムチ、長ネギの順に重ねていきます。キムチは結構多めのほうが美味しくなると思います。

豚キムチーズの包み焼き

しっかり包んであげましょう。

焼いた時に少しでもチーズが出ないようにしっかり巻いていきます。

好みに合わせて塩コショウも振ってください。

豚キムチーズの包み焼き

弱火でじっくりやいていきます。

焼き時間が分からなかったので適当に10分くらい焼きましたが、中はまだ焼けていませんでした…。

豚バラスライスが何重にも巻いてあるので、結構焼き時間がかかるようです。

表面がしっかり焼けていても、火が通ってないことがあるので注意してください。

焼くだけでは表面ばかり焦げてしまいそうだったので、電子レンジやオーブンで再度火を通しました。

個人的にオーブンがおすすめです。

豚キムチーズの包み焼き

電子レンジやオーブンを駆使すること5分弱…。

何とか焼けました。

豚キムチーズの包み焼き

豚キムチーズの包み焼き

結構しっかり包んだつもりでしたが、少しチーズが出てしまったようです。

もったいないので上からかけておきました。なんか良い感じのソースみたいになってます。

豚キムチーズはよくあるものですが、包むことによって見た目も良くなり、気持ちも高揚します。

スポンサーリンク

いざ実食 豚キムチーズの包み焼き

豚キムチーズの包み焼き

長ネギの良い香りがしてきます。

豚とキムチの相性はさすがの一言ですね。よくある料理なだけはあります。

チーズのまろやかな感じも最高です。キムチの辛さが苦手な人でも全然いけると思います。辛さはほとんどありませんよ。

 

しいて悪い点を挙げるとすれば、材料のバランスでしょうか。包むために豚バラ肉を多くつかう必要があります。豚バラ肉は脂の多い部位なのでくどくなってきます。ですからキムチは多めに入れた方がいいですね。

あと1人前で1個ですが、かなりボリュームがあるので作りすぎにはご注意を。

最後に

豚キムチーズの包み焼き。当分「豚・キムチ・チーズ」の組み合わせにハマりそうです。

豚キムチーズはどこか庶民風なイメージがありましたが、形を変えるだけでおしゃれな料理になります。ナイフとフォークで食べる料理は、なぜか高級感があって良いですね。

今後も、できるだけ一風変わった絵になる料理をしていきたいですが、時間がないときは適当に焼くだけでも十分おいしそうです。