Googleアナリティクスの検索キーワードが全て(not provided)?データを表示させるには

検索アナリティクス ブログ

Googleアナリティクスには、どんな検索ワードからサイトに入ってきたかを見る機能があります。

Analyticsダッシュボードの「集客」→「概要」→「Organic Search」をクリックすることで確認できます。

他にも、SNS(Social)や他サイトのURLから(Referral)の集客も見ることが出来ますが、やはり検索から(Organic Search)の集客データがブログサイト運営者として一番気になるポイントですね。

しかし現在はそのデータのほとんどが「(not provided)」となっており、正直まったく機能していません。

ですから今回はそんな「(not provided)」の中身を調べるための方法を紹介します。

スポンサーリンク

Googleアナリティクス 「(not provided)」とは?

(not provided)は簡単に言うと検索キーワード不明ということです。

ユーザーがSSL検索をした際に、上手くデータを取得することが出来ずに起こるものみたいです。

以前は一部だけの話だったんですが、現在ではこのSSLがほぼすべてのユーザーに適用されるようになったため、さらに(not provided)の割合が増えてしまっています。

(not provided)の検索キーワードを調べる「検索アナリティクス」

では(not provided)の中身を調べる方法を紹介します。

今回使うのはGoogleの「Search Console」です。

ブログに限らずサイトを運営している人は使ったことがあるんじゃないでしょうか。

実はこのSearch Consoleでも検索キーワードを調べることが出来ます。

それが「検索アナリティクス」という機能です。

検索アナリティクス

Search Consoleダッシュボードより「検索トラフィック」→「検索アナリティクス」で見ることが出来ます。

実際に見てもらえば分かるんですが、クリック数はもちろんデバイスごとに比較したりもできます。

検索キーワードをいろんな視点から分析できるのでぜひ試してみてください。

最後に

ユーザーがどんな検索キーワードでサイトに入ってきたのかを知ることは、とても重要なことだと思います。

たまには分析に時間をかけてみるのも面白いんじゃないでしょうか?

記事が検索上位にいることは、安定した集客を得るのにどうしても必要になってきます。

SEOを意識した検索ワードを考える良いきっかけになると思いますよ。