知らないと損する楽天Edyカードの特徴!楽天スーパーポイントとの関係をまとめて解説します

楽天Edy

シェアよろしくです

ショッピングの支払いに「楽天Edyカード」を使っている人多いんじゃないでしょうか?

最近は多くのリアル店舗で楽天Edyが導入されていて便利ですね。

しかしこういった電子マネーには大抵複雑な面があります。

それを知らずに使っている人も多いんじゃないでしょうか?

使い方によっては損しているなんてこともあります。

特に楽天Edyは「楽天スーパーポイント」との関係が深いので、よく知っておくといいと思いますよ。

スポンサーリンク

楽天Edyとは

楽天Edy

楽天Edyは電子マネーの1つで、多くのリアル店舗で使うことが出来るのが特徴です。

コンビニはもちろん「全国45万カ所以上の加盟店」で使えると謳われてます。

使用方法は3種類

楽天Edyは下記の3つの方法で始めることが出来ます。

  1. 楽天Edyカードを使う
  2. Edy機能付きの楽天カードを使う
  3. スマホにアプリをダウンロードする

ちなみに、Edy機能が付いていない楽天カードをすでに持っている人は、機能付きのカードに切り替えることが出来ます。(カード番号も変わらないので安心してください)

3種類のチャージ方法 おすすめはどれ?

チャージ方法も3つあります。

  1. クレジットカードを使ってチャージする
  2. アプリを使ってチャージする
  3. 現金でチャージする

おすすめは楽天カードを使ったチャージです。

楽天カードから楽天Edyにチャージすると「200円ごとに1ポイント」もの楽天スーパーポイントがたまります。

チャージだけで貯まるのは大きいですね。

Edy提携スーパー等には、現金でチャージできる機械も置いてありますが、楽天カードを持っている人はこちらの方法を試してみてください。

ちなみに入金には下記の注意点もあるので一応覚えておきましょう。

  • 1回のチャージは25,000円まで
  • 楽天Edyカード1枚につき最大50,000円まで
  • 入金は一回1,000円から

楽天Edyと楽天スーパーポイントの関係性

楽天Edy 楽天スーパーポイント

楽天Edyカードを使うと楽天スーパーポイントが貯まる

こんなイメージを持っている方は多いと思います。

これは正しいんですが、半分間違ってます。

この2つの関係はややこしいので、少し両者の関係性を見てみましょう。

楽天Edyカードを利用しても必ずしも楽天スーパーポイントが貯まるわけではない?

楽天Edyカードを使っても楽天スーパーポイントが貯まらないこともあるんです。

実は楽天Edyカードにも色々種類があります。

例えばこんなものがあります。

スーパーのメンバーズカードに楽天Edy機能がついているもの

ちなみにうちの母も近所のスーパーではいつもこれを使って買い物してます。

このカードを使った時は、そのスーパーのポイントは貯まりますが、楽天スーパーポイントは貯まりません。

あくまでこれはそのスーパーが、楽天Edyの決済機能を導入しただけの話なんです。

つまりこのカードには「楽天Edy」の機能は備わっているけど、「楽天スーパーポイント」を貯める機能は備わっていないということです。

同じ楽天ですがこの両者はあくまで別のサービスであり、必ずしも楽天Edyを利用したときに楽天スーパーポイントが貯まるわけでないということに注意しましょう。

楽天Edyカードを使って楽天スーパーポイントを貯めるには

では、どうすればポイントを貯めることが出来るのか。

楽天スーパーポイントを貯めるには、楽天スーパーポイントを貯める機能を持った楽天Edyカードを利用する必要があります。

この2種類が代表的です。

Edy-楽天ポイントカードとは、「楽天ポイントカード」と「楽天Edy」の機能を併せ持ったカードです。

これはキャラクターのイラストが入ったものもあって面白いです。

ぜひお気に入りのイラストのものを探してみてください。

楽天カードも色々な場面で使えますし、年会費無料でも持てます。

これがあると何かと便利だと思います。

店頭でこれらカードを使うことではじめて、支払い200円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まるわけです。

楽天スーパーポイントを楽天Edyに変換する方法

楽天スーパーポイントを楽天Edyに移行するには下記のどちらかが必要です。

  • 楽天スーパーポイントを貯める設定を行ったスマホ
  • Edy機能付きの楽天カード

この2つ以外では出来ません。

条件を満たしている方はこちらよりポイントの交換が可能です。

やはり楽天カードを持っていた方が、楽天のサービスが使いやすくなります。

楽天ショップなんかをよく使う人は持っておいた方がいいですね。

最後に

電子マネーはいろんなサービスに絡んできます。

不慣れな人にとっては複雑に感じられますが、仕組みを知っているとなにかとお得なことがあります。

こういったものは、よくよく深くまで調べておきたいですね。

スポンサーリンク



シェアよろしくです

フォローもよければ