サーモン好きにはたまらない「サーモン塩辛」が納得の美味さ!ご飯にも酒のつまみにも最高ですね。

サーモン塩辛 お取り寄せ

ご飯のおかずにも、酒のつまみにもなる塩辛

少し前に食べた「真鯛の酒盗」も最高でした。

日本酒に合う最高峰のつまみ「真鯛の酒盗」。おすすめの食べ方を紹介
「酒盗」という食べ物を聞いたことありますか? よく居酒屋で酒のつまみとして出されています。 その中でも最高峰といわれている「真鯛の酒盗」を食べたんですが、これが評判通りの逸品でした。 ...

今回食べるのは「サーモンの塩辛」。これもまた少し変わった塩辛です。

実はサーモン大好きなんですよ。見つけた瞬間にこれは絶対美味いと確信しすぐさま購入しました。

サーモン好きの皆さん必見です!

スポンサーリンク

サーモン好きにはたまらない「サーモン塩辛」

サーモン塩辛

それでは少しサーモン塩辛についてご紹介。

 

サーモン塩辛は文字通りサーモンを使った塩辛。

サーモンの中でも一番脂の乗った部位であるハラスを使っています。(寿司でいうところの大とろサーモン)

僕は大のサーモン好きなんですが、やっぱりサーモンの一番の良さってあの脂の乗り具合なんですよね。

そんなサーモンの美味い部分をふんだんに使った塩辛。美味いに決まってます。

 

また、アクセントにイクラが入っているのもポイントですね。

これらを塩麹で低温熟成させることでサーモンの塩辛が完成します。

 

ちなみに、サーモン以外にも「甘えび」「いか」の塩辛も販売されてます。甘えびも気になりますよね。

セットで贈り物なんかにもちょうどいいんじゃないでしょうか?なかなかセンスのある贈り物だと思います。

スポンサーリンク

サーモンの塩辛を食べてみた

サーモン塩辛

注文して3日くらい。サーモンの塩辛が届きました。

 

1瓶200g。十分に楽しめる量ですね。

イクラなんてどうせちょっとしか入ってないだろうと思ってましたが結構入ってました。

見た目もいいです。

サーモン塩辛

サーモンのサイズも申し分ありませんね。これも想像以上です。

前回の真鯛の酒盗と比べると一目瞭然の大きさです。

サーモン塩辛

それでは、ご飯と一緒にいただきます。たぶんこれが一番美味いでしょう。

このためにわざわざ「龍の瞳」という米を買ってきて炊きました。皇室献上米ですよこれ。

サーモン塩辛

ご飯と一緒に食べると「ます寿司」のような味わいでした。

もちろん酢飯なんか使ってないですよ。不思議な感覚になりました。

たぶん皆さんがイメージする塩辛と比べると、かなり食べやすいんじゃないかと思いますよ。

 

そして写真からも分かると思いますが、サーモンの脂は評判通り。乗りに乗ってます。めっちゃご飯が進みますねこれは。

個人的に真鯛の酒盗よりも好きです。

最後に

これはリピートもありだと思いました。期待を裏切らない逸品です。

サーモンが好きなら大抵の人は気に入るんじゃないでしょうか。

また最近は、塩辛を調味料として使うこともあるので、サーモン塩辛もこれから新しい使い方が出てくると面白いですね。