リッチな自家製ソーセージの作り方。しっかり焼いて食べましょう。

料理

自家製ソーセージを作りました。店で買うよりも、リッチな味わいが楽しめると思います。

材料も簡単に集まるのでぜひ作ってみてください。

しっかりと焼いてから食べましょう。

スポンサーリンク

自家製ソーセージの作り方

材料

  • 豚ひき肉 430g
  • 玉ねぎのすりおろし 1/2個
  • にんにくのすりおろし 1かけ
  • ドライバジル 大さじ1半
  • 塩 小さじ2/3
  • サラダ油 小さじ2半
  • 粗びき黒こしょう 適量

 

豚ひき肉430gを準備します。これで大体10本作分です。

sausage01

玉ねぎをすりおろしていきます。

切るのに比べて、かなり目にくるので各自対策を練ってください。

sausage03

豚ひき肉にすりおろした玉ねぎと、にんにくのすりおろし1かけ、ドライバジル大さじ1半、塩小さじ2/3、サラダ油小さじ2半、粗びきこしょう適量を入れ練っていきます。

sausage04

粘りが出るまで練ります。こんな感じです。

この時点でとてもいい香りがします。

sausage05

次は、ソーセージの形を作っていきます。サランラップとアルミホイルを準備してください。

今回は大体50グラムずつでやっていきました。

ラップでたねを棒状に整え、両端をねじります。結構きつめにねじっておいた方がいいと思います。

sausage06

さらにそれをアルミホイルで包んでいきます。

sausage07

茹でます。

まずはフライパンにお湯を沸かしてください。

ソーセージを入れて、中火で10分くらい茹でます。全体に火が通るように上下を返しながらすると良いです。

sausage08

待つこと10分

完成(だと思ってました…)

main_sausage

自家製ソーセージ ※本来はこれをフライパンで焼いてから食べます

 

これで出来上がりと思って普通に食べてましたが、この記事を書くときに初めて焼くことを知りました…。

レシピの端に小さく「食べるときは…」と書いてありました。

焼くことで表面の食感や、肉汁の出方がもっと良くなっていたのかなと思います。

あとマスタードがあればもっとおいしく食べられそうです。

 

とはいえ、焼き忘れはありましたが焼く前でも十分おいしいソーセージでした。

次々と食べたくなる味。酒のつまみにもぴったりだと思います。

腸詰めのようなパリッとした食感はありませんが、これはこれでどこかリッチな感じがして良いですよ。

ドライバジルの香りもよかったです。

スポンサーリンク

最後に

自家製ソーセージいいですね。作るのに30分もかかりませんでした。

自家製ソーセージなんて作る機械ほとんどないので、作っていて楽しいと思います。暇な人は作ってみてください。

また近いうちにしっかり焼いて食べたいです。