ネットショップ運営者が最低限やっておきたいSEO対策

ネットショップ SEO対策 ネットショップ

ネットショップの売り上げの多くを占めるのが「検索からの流入」です。

検索エンジンから商品を探したり、レビューや比較記事を見て商品の購入に至った経験は誰もが持っているはず。

最近はショッピングアプリなどの独立した市場も増えてきましたが、それでもGoogleやYahoo!の検索エンジンからの集客は今も衰えていません…。

このことからも、SEOを攻略することがネットショップ成功の1つの道だということは言うまでもないでしょう。

 

もちろん、キーワードの需要(検索ボリューム)があるかないかで売り上げに差はでてきます。

多くの人が頻繁に検索するようなワードは、それだけ顕在客が多いということ。

しかし、逆に需要が少ないことがプラスに働くこともあるので安心してください。

コアな層に向けたマーケティングも1つの戦略ですし、その方がSEO対策の難易度が圧倒的に下がります。

 

そんなわけでここでは、ネットショップ運営者の方に最低限知っておいてもらいたいSEO対策を紹介します。

スポンサーリンク

ネットショップで最低限おさえておきたいSEO対策

SEOは検索エンジンからのサイト評価を高めることが目的ですが、そのサイト評価項目はたくさんあります。

  • キーワード
  • ドメインパワー(サイト運営歴等)
  • サイト構造
  • ページ数
  • 専門性(情報量)
  • 被リンク etc

今挙げたのはとても有名な評価項目ですが、これもSEO対策のほんの一部にすぎません。

Googleのアルゴリズムは日々変化しますし、しかも評価基準の全てが公開されているわけではないんです。

 

今回紹介するのはあくまでもネットショップ運営者が最低限やっておきたいSEO対策

SEOに取り組むにあたっての第一歩とでも言いましょうか。

誰でもできることなので、ぜひサイト作りをするときに頭に入れて置いてほしいです。

スポンサーリンク

SEOの「内部施策」と「外部施策」

それでは徐々にSEO対策の中身に迫っていきましょう。

SEO対策の具体的な手段は、大きく分けて「内部施策」と「外部施策」の2種類に分けられます。

それぞれこんな特徴が。

  • 内部施策・・・サイトのコンテンツクオリティを高める施策
  • 外部施策・・・他のサイトからの評価を得ようとする施策

サイトの内部を最適化することでサイト評価を高めようとするのが内部施策、他サイトから評価されることでサイトの評価を高めようとするのが外部施策です。

 

内部施策は単純に言ってしまえば「自分のサイトのコンテンツを良くすること」なので、比較的やりやすい特徴があります。ある意味、自分がやるかやらないかの問題ですからね。

一方外部施策は、他サイトから評価される必要があるので難しいです。いくつか対策はあるものの、基本的には良いコンテンツを提供することによって、他のサイトから評価を得る(被リンクをもらう)しかありません。

 

詳しくは、それぞれ実際の対策方法と共に見ていきたいと思います。

1、SEOの内部施策

まずは「内部施策」。

基礎中の基礎なので、ぜひコンテンツを作る際に意識してみてください。

1、ページのタイトル設定

ページ1つ1つを作る時に必ず設定しておきたいのが「ページタイトル」「ディスクリプション」「キーワード」の3つ。

ネットショップの場合、利用しているカートサービスは各自違うと思いますが、ページを作る時に必ずこの項目を記述する箇所があるはずです。(キーワードはない場合もあるかも)

自動生成される場合もありますが、できれば自分で考え最適化するような癖を付けておきましょう。

タイトル

ページタイトルは、簡潔に分かりやすくまとめるのが基本。

重要な”キーワード”を1、2個入れつつ、不要な説明は省くように心がけましょう。

長くならないように注意です。

ディスクリプション

ディスクリプションは、そのページに書かれている概要を知らせるための紹介文です。

文字数は160字を目安に、ページ内容を要約した文章を作りましょう。

ここにも重要なキーワードを含めておくのがポイント。

キーワード

キーワードには、ページ内の重要なポイントを表す言葉を設定します。

ユーザーが検索エンジンで検索するときのワードをイメージしてみましょう。

このキーワードを入れつつページの文章を作ることも重要です。

2、サイト構造の明確化

サイトの構造をユーザーに分かりやすくするのもSEO対策の1つ。

  • 適切なカテゴリー分け
  • 分かりやすいURL
  • ディレクトリ(フォルダ)の明確化
  • ナビゲーションはテキスト表示 etc

実はカテゴリー分けもSEOでは重要なポイントで、URLをみてコンテンツ内容が推測できるようなディレクトリ構造を作ってあげることを意識しましょう。

また、メニューボタンは画像ではなくテキストで表示した方が良いです。

各ページへの移動が分かりやすいメニュー作りも心がけましょう。

3、コンテンツを充実させる

もちろんサイトのコンテンツ充実度も評価項目の1つ。

  • 読みやすい文章
  • 独自性のあるコンテンツ
  • より深い情報(専門性)
  • 古い情報はその都度更新 etc

競合サイトにない独自性を出しつつ、コンテンツを増やしていくことも大きな戦略です。

ネットショップの場合は、商品の関連情報をブログなどの形で発信していくのも良いでしょう。高いSEO効果が期待できます。

コンテンツが充実すればするほど、SEO的にはこれ以上ない強みとなります。

 

ネットショップで特定の商品を扱ってるわけですから、「その分野では絶対に他のサイトに負けない」というコンテンツに育てていきましょう。

もちろん簡単なことではないので少しずつでOKです。

2、SEOの外部施策

最後に「外部施策」の紹介です。

外部施策は、「他サイトからの評価を得ることで検索エンジンからの評価を上げようとする施策」ですが、これはいかに良質な「被リンク」を得られるかが大きなポイントとなります。

 

相互リンク」という言葉を聞いたことあるかもしれませんが、あれは被リンクをもらうために、お互いに相手サイトへのリンクを貼りあうことで評価を高めるSEOの外部施策に当たります。

ただし、ただ被リンクが増えれば良いというわけでもないことも知っておいてください。

全く関連性のないサイトから不自然なリンクが集まることで、逆にペナルティを受けることが実際にあるんです。

 

あくまでも重要なのはリンクの質。質の高いサイトから多くのリンクを受けることが目標です。

ちなみに、すでに検索エンジンからの評価が高いサイトからの被リンクをもらえると、自分のサイトも高く評価してくれる傾向にあったりします。

相互リンクももちろん効果はあるので大切ですが、やはり内部施策を頑張って自然に被リンクを集めらるのが理想ですね。