家で簡単!燻製ベーコンの作り方。ついでにその他もろもろ燻製にしました。

燻製ベーコン 料理

先日とある料理本を見ていたら、簡単に出来る燻製ベーコンがあったので試してみました。

燻製と聞くと、手間暇かけて作るようなイメージがありましたが、意外と短時間で作れる物なんですね。

燻製の匂いがこもってしまうので、窓を開けたり場所に注意してやってみてください。

スポンサーリンク

燻製とは

せっかくなので、燻製のことを少し調べてみました。

燻製はもともと、食材を長期保存するためにやっていたものらしいです。煙に含まれる殺菌成分が食材に浸透するからだとか。

それが今では、風味づけが目的とされるようになってます。

燻製方法も細かく分けると三種類あるらしいです。熱燻温燻冷燻。それぞれ時間や加熱温度に違いがあります。

熱燻

高温で短時間いぶす。保存には向かない。(魚など)

温燻

中温で数時間から一日ほどいぶす。一般的な燻製はこれらしい。保存に向いている。(肉など)

冷燻

低温で一週間以上いぶす。(ハム、サーモンなど)

 

今回の燻製方法は、温燻が一番近そうですね。

最後に燻製に使われる木材ですが、ピートやサクラが有名。

日本で一番使われているスモークチップはサクラです。肉との相性が抜群だとか。

ちなみに今回は、サクラのスモークチップを使いました。

一方ピートは、最も香りが強いスモークチップです。これもいつか試してみたいです。

燻製の作り方

材料

  • 豚バラ肉ブロック 400g
  • 塩 大さじ1
  • 砂糖 大さじ2
  • こしょう 小さじ1/2
  • スモークチップ 1/2カップ

 

まずは燻製器の準備です。

中華鍋のような深めのフライパンを用意します。

その内側をアルミホイルで覆ってください。フタも同じようにアルミホイルでコーティングします。

フライパン

次にスモークチップを1/2カップフライパン中央に敷き詰めていきます。

今回使うスモークチップはサクラです。

スモークチップ

続いて肉を乗せるための網を準備します。

フライパンに合う網がなかったので、サイズを調整して何とかはめ込みました。

これで燻製器の準備は整いました。

スモークチップ

次はベーコンの準備です。

豚バラ肉ブロックを買ってきました。

豚バラ肉

豚バラ肉に下味を付けておきます。

塩大さじ1砂糖大さじ2こしょう小さじ1/2を混ぜて肉にすり込んでいきましょう。

このまま10分くらい置いておきます

豚バラ肉

10分後。

豚バラ肉

かなり水気が出ているので、キッチンペーパーでふき取りました。

いよいよ、豚バラ肉を網の上に乗せフタをして点火。

まずは強火で煙が出るまで加熱し、煙を確認したら弱火で40分くらいいぶしていきます。

燻製

待つこと40分

燻製

焼きあがりました。

じゃっかん黄色くなっています。燻製の効果でしょうか。

燻製ベーコン

断面はこんな感じです。

燻製ベーコン

完成!

燻製ベーコン

酒のつまみに最適な味です。火の通り具合もちょうどいいと思います。

もう少し火を強くしていれば、煙もしっかり出てより燻製した感じが出ると思います。

極端に弱火だと煙がなくなり、いぶすことが出来ないようです。

 

ついでに他の食材も燻製してみました。

燻製

個人的にはうずらの卵に期待していましたが、はっきり言って不味かったです。

スーパーのおつまみコーナーで見かけるので、いけると思ったんですが…。

たぶんあれは、燻製以外にしっかりと味付けをしてるんですね。やる人は注意してください。

 

チーズは絶対おいしいはずですが、驚きの結果が出ましたよ。

写真でも分かるように三角の「6Pチーズ」と長方形の「ベビーチーズ」の2種類を燻製しました。

結果ベビーチーズは、良く食べるスモークチーズみたいな味になりましたが、6Pチーズは何か酸っぱい感じに…。

同じチーズでも味付け次第で、合う合わないがあるようです。6Pチーズはそのまま食べましょう。

 

ウインナーはそこそこおいしくなりました。これもチーズのようにもとの味付け次第な感じがします。

最後に

初めて燻製をしましたが、たまには面白くていいと思います。ベーコンめちゃくちゃ美味かったです。

あと燻製も食材の味付け次第で、合う合わないがあるんですね。チーズには驚きました。

台所の燻製の匂いはなかなか取れそうにありません…。