【酢飯の黄金比】有名旅館のすし酢の分量を公開!

酢飯 料理

ひな祭り(桃の節句)ということで、毎年恒例のちらし寿司を作りました。

通常ひな祭りと言ったら3月なんですが、なぜか自分の地域では行事がひと月遅れてやってくるので、4月にひな祭りが行われます。

 

そんなわけでちらし寿司を作ったんですが、今回本当に紹介したいのは「酢飯のすし酢黄金比」です。

自分にとっては小さいころから家で食べてきた普通の酢飯なんですが、実はこれが某有名旅館の料理で使われている酢飯だったんです。

母がその旅館につてがあって聞いたものらしく、我が家では昔からこの分量で酢飯を作っています。

周りの人にも超好評(当たり前でしょうね・・・)なのでぜひ一度試してみてください。

スポンサーリンク

おいしい酢飯の作り方(寿司酢の黄金比)

寿司酢の黄金比

  • 米    1合
  • 酢    20g
  • 砂糖   16g
  • 塩    4g

これが家で酢飯を作る際のすし酢の分量です。

もともと1升の単位で聞いたものなので1合で割ると中途半端になっていますが、グラムなので量りやすいと思います。

量り終わったらしっかり混ざるように軽く火にかけてください。

 

あとは基本的に炊いた米と合わせるだけですが、少しポイントもあるので紹介していきたいと思います。

米を炊く際は出汁が出る昆布も一緒に入れています。

写真は4合分です。

酢飯

炊けたら米とすし酢と合わせる前に、味の素を少し加えて混ぜておきます。

米をつぶさないように切るように混ぜていきます。

酢飯v

混ぜ合わせる時に時に若干べたべたするかもしれませんが、少し経てばいい感じになるので安心してください。

今回はちらし寿司ということで、彩を考えてカニを混ぜ込んでみました。

さらに絹さやサーモンをトッピング。

酢飯

盛り付けです。

酢飯

きざみのりしょうががあるといいですね。

写真を撮っている最中にきざみのりがしなしなになりましたが・・・。

あとはわさび醤油を垂らしてもおいしいです。

酢飯は冷たいイメージがありますが、家では炊きたてで食べられるのがいいですね。

 

最近はご飯と混ぜるだけでOKなすし酢が販売されていますが、正直自分で作った方が美味しいんですよ。

 

また、合間にハマグリのお吸い物なんかも作りました。

家ではこの2つがひな祭りの定番料理となってます。

ハマグリのお吸い物

最後に

酢飯はほんとにおいしいですね。

初めて作る人、家で食べる酢飯に満足いっていない人は「寿司酢の黄金比」をぜひ試してみてください。

作る手間もほとんどかかりませんし毎日でも食べたいくらいでが、酢飯は太るらしいのでほどほどにしましょうね・・・。