フードプロセッサーを使って鯛あらを揚げ団子にするよ

鯛あら 揚げ団子 料理

スーパーのお買い得商品「魚のあら」。切り身だと高いブリや鯛も、アラなら300前後で購入できます。

といっても骨だらけで料理が限られるのも事実…。

そんなわけで今回はちょっと変わった調理をしてみようかなと。鯛あらを揚げ団子にしてみます。

スポンサーリンク

フードプロセッサーで作る「鯛の揚げ団子」

鯛あら

こちらが今回使う鯛あら。近所のお魚市場で、特売日にはなんと1パック100円で買えます。

これをすり身にして団子状にします。

1、鯛あらの骨を取り除く

フードプロセッサーならある程度の骨は砕いてくれると思いますが、ちょっと怖いので骨は取り除きました。

骨を取るというよりも、身をこそぎ取るイメージでやると早くできます。マグロの中落ちをスプーンとかで取る感覚です。

どうせすり身になるので、鯛の身が崩れることに一切の躊躇はいりません。

鯛あら

100円とは思えない量の身が取れました。これを切り身で買おうとすると500円はするでしょう。

残った骨は「あら汁」にしてしまいます。これだけ身を取り除いても、十分すぎるほどの鯛の出汁が取れますよ。

2、ジャガイモでかさ増し

鯛あら フードプロセッサー

かさ増しするために「ジャガイモ」を投入。

これが意外と自然に馴染んでくれます。食べてみても、まさかジャガイモが入ってるとは思わないほどです。

 

最後に、味付けの「塩こしょう」と好みの食材(薬味など)を入れてフードプロセッサーを回します。

鯛あら フードプロセッサー

鯛としその香りが素晴らしい。

食べるまでもなく鯛の爽やかな甘みが感じられます。

3、小麦粉をまぶして素揚げ

鯛あら 揚げ団子

鯛あらが適度なすり身になったら、丸めて小麦粉をまぶします。

表面がからっとするまで素揚げしたら完成です。想像以上に時間をかけないと、良い色はつきませんでした。

スポンサーリンク

安い鯛あらからも頑張れば立派な鯛の身が取れる

鯛あら 揚げ団子

魚の団子はどうしてもパサパサしてしまいます。「大根おろし」と「天つゆ」をかけて食べると美味しく食べられますね。

おろしポン酢とかも合いそう。とにかく何かしらのソース(水分)が欲しいです。

鯛あら 揚げ団子

食べると鯛の風味が口いっぱいに広がります。ジャガイモ感は全くありません。

他になにか入れるとしたら、レンコンのような食感のあるものが入っていてと良かったかも。

鯛あら 揚げ団子

どうでしょう。鯛あらでも頑張ればこんな料理が作れます。煮込み、塩焼きだけじゃありません。

ちょっと手間はかかりますが、この値段でここまで鯛らしい料理が楽しめるのは良いですね。ついでにあら汁も作れましたし。

何はともあれ、鯛あらを使った料理としては新鮮なものになりました。