魚粉が鍵!家で濃厚なつけ麺を作るためのポイントは?

つけ麺 魚粉 料理

以前豚骨ラーメンを作ったんですが、今回はそこからちょっとアレンジを加えて「つけ麺」にしてみました。

つけ麺ということで、できるだけ濃くて深みのあるスープにしたい…。

 

そのために欠かせないのがズバリ魚粉です。

家で濃厚なつけ麺を作るためのポイントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

魚粉が鍵!深みのあるつけ麺スープにするために

混合魚粉

早速ですがタイトルにもあるように、家でつけ麺を作るときは「魚粉」が欠かせません。

スープの味に深みを出すためには、これが一番手っ取り早いんですよ。一気に店っぽくなります。

これがあるのとないのではえらい違い。まじで。

混合魚粉について

ちなみに、魚粉にもいろいろあって、どんな魚の削り節なのかによって風味が変わってきます。

「カツオ」「サバ」「イワシ」「アジ」などいろいろあるんですが、僕がおすすめするのは混合魚粉と呼ばれるものです。

 

混合魚粉はその名の通り、いろいろな魚の削り節がミックスされた商品のことですね。

僕が今回使用した混合魚粉には、

  • さばのふし
  • いわしの煮干し
  • そうだがつおのふし
  • むろあじのふし

の4種類の魚が使われていました。

単純に考えると、使われている魚の種類が多いほど味が複雑になり、その結果深みも増してくるんだと思います。

 

スープによって相性の良い魚もあると思いますが、家で作る分にはそれほど気にする必要もないでしょう。

大抵の混合魚粉は、「ラーメンのスープ」や「みそ汁」に合うように配合されてますしね。

混合魚粉+自分の好きな魚粉

また、さらにこの混合魚粉に、それぞれ好きな魚粉をブレンドしてみるのも面白いです。

因みに僕はかつおの香りや風味が好きなので、最後にスープのトッピングとして「カツオ粉」振りかけて仕上げます。

 

スープのベースは8時間かけてやっとで完成するんですが、それだけではほとんど味はつきません。

結局は「醤油」「みりん」「酒」「塩」「魚粉」などから作る、いわゆる「かえし(タレ)」が味を大きく左右するので、家で作るときはここにこだわりましょう。

 

けっこう奥が深いので、いずれ魚粉も一から作ってみるのも面白そう。

スポンサーリンク

つけ麺のスープに魚粉を使うタイミング

つけ麺 魚粉

魚粉を使うタイミングは正直いつでもOKです。

かえしに入れておくも良し、つけ麺のスープが完成してから振りかけるのも良し。

初めはトッピング感覚であとから加えて、好きな具合を調整してみると良いと思いますよ。

 

ちなみに豚骨スープの作り方は下記で紹介しているんですが、今回はつけ麺なのでかえしを濃い目に作っておきました。

 

かえしには魚粉をふんだんに使い、最後にカツオ粉をトッピング。

家で作ったラーメンのスープに深みが感じられないときは、こんな感じで魚粉を活用してみてください。かなり進化するはずです。

つけ麺のスープを濃厚に仕上げるために

つけ麺 魚粉

また、つけ麺のスープには「ドロドロ感」や「ギトギト感」も欠かせません。

これが味の深みと相まって、濃厚なスープに仕上がります。

豚足や鶏皮で濃度を付ける

濃厚は、スープを作るときの工夫で変わってきます。

豚骨スープの場合は「げんこつ」をメインにスープを取ると思いますが、それだけでは濃度が付きづらいので「豚足」や「鶏皮」も一緒に加えてみてください。

これらがスープに溶け出すことで、一気にトロミのあるつけ汁に仕上がります。

 

あっさり目のスープが好きな人には不要ですが、ドロドロギトギトのスープが好きな人はぜひ試してみてください。