【WordPress】.htaccessファイルの場所はここ!

.htaccessファイル WordPress

先日、WordPressの「.htaccessファイル」の場所に関する質問がありました。

このサイトをSSL化した時や、パーマリンクを変更したときに301リダイレクトを使ってきたわけですが、その際に編集したファイルの1つがこの.htaccessファイルです。

今回は.htaccessファイルの簡単な役割説明と、その場所をまとめます。

主にWordPressを使った目線からの紹介です。

スポンサーリンク

.htaccessとは?

.htaccess(ドットエイチティーアクセス)は簡単に言うと「サーバーの各種設定をするファイル」です。

webサーバーにアクセスされたときに、.htaccessファイルを読み込んで様々な動作を決定します。

URLの誘導も「webサーバーにアクセスされたときの動作」にあたりますよね。だから301リダイレクトの設定は.htaccessファイルに記述するんです。

.htaccessが使えない場合も

301リダイレクトの設定が出来る.htaccessですが、サーバーの仕様によっては使えない場合もあります。

その場合は別の方法を考える必要があります。

基本的にWordPressを使うときに代表される有名なサーバーは大丈夫ですが、一応頭の片隅に入れておきましょう。

スポンサーリンク

WordPressの「.htaccessファイル」の場所は?

実は、最初にWordPressをサーバーにインストールした際、勝手に.htaccessファイルも作成されています。

その場所は、ズバリ公開フォルダ直下です。

FTPソフトを使って中を覗いてみるとこんな感じ。(一部ファイルを省略してます)

.htaccessファイル

「wp-admin」「wp-content」「wp-includes」の3つのフォルダが目立ちますが、それと同じ階層にあります。

 

このファイルをデスクトップにダウンロードして、301リダイレクトの記述をし再度アップロードすればいいわけです。

 

ちなみに、.htaccessファイルは自分で作ることも出来ます。万が一ない場合は自分でファイルを作ってアップロードしましょう。これで通常通り機能が使えます。

ディレクトリごとに設置することで操作の有効範囲を変えることが出来るんです。(設置したディレクトリ内の全てに適用され、構造上一番近いファイルの設定が優先されます)

FTPソフトで.htaccessファイルを操作

先ほどFTPソフトという言葉が出てきましたが、これはweb制作において大変役に立ちます。

FTPというのは、簡単に言うと「ファイルの転送を行うもの」。サーバーにupしているファイルを自由自在に操作できる仕組みです。

ダウンロード・アップロード共に、直感的な動作で出来ます。

 

WordPressは複数のファイルで機能しているわけですが、管理画面から見たり変更できるファイルは一部しかありません。(「外観」→「テーマの編集」から一部ファイルが編集可能ですね)

この中には.htaccessファイルは含まれていないので、その時に役立つのがサーバーにupしたファイルを直接操作できるのがFTPソフトなんですよ。

 

.htaccessファイルを編集できるWordPressプラグインもあるんですが、これは不具合の原因になりやすいです。

だったら自分で直接ファイルの操作をする方が、今後のことを考えてもおすすめかなと思います。

(ただし、知識なくファイルを編集するのは大変危険。操作中のファイルを把握し、最悪のことを考え編集前のバックアップを取っておく(ダウンロードしておく)と良いでしょう)

 

「FFFTP」を代表に、無料のFTPソフトが沢山あるので、まずはダウンロードして使ってみてください。設定も簡単ですよ。