【Illustrator】バージョンを下げてデータを保存する方法とその注意点

illustrator バージョン  Illustrator

Illustratorのデータを入稿する時に、こんな注意書きがしてあるのを見かけることがあります。

Illustratorデータは○○バージョン以下のものを入稿ください

入稿先で使っているIllustratorのバージョンが古いとこう言った作業が必要になるんですね。

というわけで、aiデータのバージョンを簡単に下げる方法を紹介します。ついでに注意点も。

スポンサーリンク

Illustratorデータをを古いバージョンでも開けるように保存

それでは、Illustratorのデータを古いバージョンで保存する方法を見ていきましょう。

まずは、「ファイル」→「別名で保存」を選択。

ファイル名を決め、ファイルの種類は「Adobe Illustrator(AI)」にし保存しましょう。

するとこんな画面が表示されます。

illustrator バージョン 

Illustratorデータ保存時に設定できるオプションですね。

一番上の「バージョン」に注目。

ズバリこれですね。ここで入稿先より指定されているIllustratorのバージョンを選択してあげましょう。

illustrator バージョン 

選択後に「OK」をクリックすれば完了となります。簡単ですね。

Illustratorデータのバージョンを下げる際の注意点

バージョンは簡単に落とせますが、ちょっとした注意点もあります。

それは一部機能が使えなくなる可能性があるということ。想定外の内容でデータが送られてしまうこともあるわけです。

例えば、Illustrator8にバージョンを落とすと、先ほどのIllustratorオプション画面の「オプション」設定が出来なくなります。

また、透明にする機能もなくなるんですよね。

その場合「アピアランスとオーバープリントを保持」を選択しないと、透明部分が破棄されてしまいます。

 

まあ、大抵の場合はここまで気にする必要は無いんでしょうが、あまりにも指定されたバージョンが低いときには注意した方がいいですよ。

データが変わっちゃいますから。

他にも入稿の注意点をまとめたものがありますので、こちらも確認して見てください。

Illustratorデータ入稿の際の3つの注意点。印刷に適した設定をしましょう。
...

最後に

入稿データは、送信前によくよく注意する必要がありますね。

特に今回のように、「入稿先にて思っていたのと違うデータになる可能性」があることは意識する必要があるでしょう。最大限の注意を払いたいポイントです。

僕も何回かやらかしてるんで気を付けます(笑)