軟骨は鶏だけじゃない!豚の軟骨で作る「豚軟骨煮込み」が美味すぎ

豚軟骨 お取り寄せ

少し前に小料理屋で食べた豚軟骨。

これがめちゃくちゃ美味かった!

「安くてすぐに出せる」ということでたまたま頼んだ品。それもあって余計に印象に残ってます。

今までの僕は軟骨と言ったら「鶏」でしたが、これを食べて以来すっかり豚軟骨にハマってしまいました…。

そんなわけで今回は豚軟骨の美味しい食べ方を紹介。

スポンサーリンク

美稲豚の豚軟骨をお取り寄せ

美稲豚

近くのスーパーでは豚軟骨が見つからなかったのでお取り寄せしました。

今回お取り寄せしたのは「美稲豚」の豚軟骨。

伊瀬美稲豚って?

伊勢の国、三重県のお米を飼料に配合し、動物性油脂を使用せず育成した豚です。

だからさっぱりしていて、美味のある健康にも良い、ヘルシーな豚肉になるのです。

美稲と書いて「うまいね」と読むんですね。絶妙なネーミングセンス。

味だけでなく、安全性にもこだわっていて、出荷の2か月前から抗生物質等の薬を使用しないようにしているそうですよ。

豚軟骨は煮込み料理にするのに最適なカットがされているので、そのまますぐ料理に使えました。

こちらは500gで375円。ちなみに豚軟骨料理のレシピも一緒に入ってます。

豚軟骨の美味しい食べ方は「豚軟骨煮込み」

豚軟骨

それでは早速「豚軟骨煮込み」を作っていきましょうか。

調理法は牛筋煮込みを作るのと同じ感覚。特に変わったことはしてません。

まず鍋に「」、「ネギの青い部分」、「ニンニク」、「豚軟骨」を入れグツグツと火にかけていきます。

豚軟骨

アクを取りつつ、良い香りがして来たところで「みりん」、「」を投入。

さらに少し経ったところで「砂糖」も入ます。

醤油」は豚軟骨に甘みが入らなくなってしまうので、最後の最後に入れるようにしましょう。

豚軟骨

そのまま落し蓋をしてじっくりと煮込んでいく。

味がしみ込んできたところで、一度火を切り冷ましましょう。これでより味がしみ込んでくれます。

再度温めて盛り付けたら完成です。

豚軟骨

1時間30分ほど煮込めば、軟骨もゼリーのようにトロトロになります。

口の中で”ほろほろ”ととろけていく食感がたまりません。

このトロトロ食感は鶏軟骨にも牛筋にも出すことが出来ない。豚軟骨ならではの食感だと思います。

もちろんご飯も進みますが、日本酒のつまみとしても最高の1品となりました。

最後に

そこには牛筋煮込みにも負けない美味さがある。

しかも安い。小料理屋で食べたときも、他の料理の半額以下の値段で提供されてたほどですから。

あまり見る食材ではありませんが、一度は食べてもらいたいですね、豚軟骨。

次は豚軟骨カレーでも作ってみましょうか。