中から肉の塊が出てくるハンバーグが美味かったので見様見真似で作ってみた

ハンバーグ 料理

ありきたりなハンバーグばかり食べている皆さん。たまにはちょっと高級感漂うプレミアムなハンバーグを作ってみましょう。

いつも作っているハンバーグにサイコロステーキを入れるだけ。これだけで、ずいぶん肉肉しいハンバーグに進化するのです。

一見悪ふざけな感じですがこれがなかなか面白い。

スポンサーリンク

ゴロゴロと肉の塊が出てくるハンバーグが美味かった

ミンチ

柔らかいものほど良しとされるのがハンバーグ。そりゃあ、そのためにミンチを使ってるんですから。

しかし、粗めのミンチの中に小さな肉の塊が入っている肉肉しいハンバーグもまた美味い。

以前食べた飛騨牛バーガーが正にそれ。新たな発見でした。

飛騨高山に隠れたハンバーガー専門店。飛騨牛バーガーが美味すぎる
飛騨高山にある超有名なハンバーガー専門店「CENTER4 HAMBURGERS 」。 飛騨の小京都なんて呼ばれている高山に、こんなアメリカンなハンバーガー専門店が? 何とも相性の悪そうな組...

粗めのミンチに小さいサイコロステーキ状の肉も混ぜ込むことで、普通のハンバーグと比べ多少のぼそぼそ感は出てしまう。

でも、逆にこの食感が肉らしさを演出します。どこか高級なハンバーグを食べている気分。

これは、ハンバーグとステーキの良いとこ取りをしている料理といえるかもしれません。

スポンサーリンク

実際にサイコロステーキ入りのハンバーグを作ってみる

実際に肉がゴロゴロでてくるようなハンバーグをうちでも作ってみることに。

見た目は、高級ハンバーグギフト専門店「たわら屋」のプレミアムハンバーグを参考にしてみました。

とりあえずいつものハンバーグにサイコロステーキを埋め込む感じで作ってみましょうか。

肉はカレー用の牛肉を適度なサイズにカットしておきます。

ハンバーグ

これを空気を抜いて形を整えたハンバーグに埋め込んでいく。

ハンバーグ

肉が埋め込んである面から焼いていきます。

ハンバーグ

完成。

ハンバーグ

最初に裏返した時、肉を埋め込んだ箇所から崩れそうになってましたが、じっくり焼けばしっかりまとまってきます。

ハンバーグはある程度焦げ目が入るくらいがちょうど良い。肉汁を閉じ込めるためにも最初に強火で表面を固めるのが良いですね。

漂う高級感。普通のハンバーグとは満足感が段違い

ハンバーグ

普段ハンバーグにはデミグラスソースをかけてましたが、今回は肉肉しいステーキ寄りのハンバーグということで和風ステーキソースを作りました。

ちなみにソースのレシピは、下記の材料を火にかけるだけ。

ステーキソース(4人分)

  • 玉ねぎすりおろし 1個
  • 醤油       大さじ2半
  • 酢        大さじ1
  • はちみつ     小さじ1
  • 砂糖       大さじ1/2
  • おそしにんにく  小さじ1
  • おろししょうが  こさじ1

ハンバーグ

完全に見様見真似で作ったハンバーグでしたが味は申し分ありません。

サイコロステーキが入るだけで満足感が段違い。ガッツリ肉を喰らってる感じ。

ハンバーグ大好きなんですが、やっぱりステーキと比べると見劣りしてしまうんですよね。ハンバーグもこれでちょっとは肉らしさを取り戻してくれたことでしょう。

最後に

今回は牛と豚の合い挽きミンチを使いましたが、牛100%のものを使えばより味もまとまったかもしれません。

もっと言うなら、同じ種類の牛を使うとなお良し。

面白いので1度作ってみてはどうでしょう。カレー用の肉は意外と安く買えますしね。

ハンバーガーのパテとしてもいけそうなんで、それもまた今度試してみます。