ふりかけ感覚で食べる「うなぎのひつまぶし」。こんな弁当面白いんじゃないですか?

ひつまぶし お取り寄せ

こんな弁当面白いんじゃないですか?

弁当にぴったりな「うなぎのひつまぶし」を見つけました。

ひつまぶしといっても、店で食べるような大それたものではありません。安くて手頃にひつまぶしを再現できるといったものです。

こんなのが弁当に入ってたら盛り上がると思いますよ。

スポンサーリンク

子供の頃、弁当はいろんな意味で特別なものでした。

子供の頃、弁当は特別なものでしたね。

みんな一緒の給食とは違い、小さな箱にそれぞれが好きなものだけを自由に詰め込こむ。

フタを開ける時のあの高揚感は何とも言えません。

弁当の日は、昼が待ち遠しくて授業もままならないくらいでしたよ(笑)

午前に体育の授業があると1時間分得したような気がして、さらにテンションが上がっていたのを思い出します。

 

また、子供の頃って、持ってるゲームの本数がそいつのステータスになったりするんですよね。

それだけでクラスの人気者に。弁当もそれと同じです。

お昼に誰かが変わったものを取り出せば、それだけでもうそこには人だかりができます。

弁当は子供にとって特別なイベントなんです。

「うなぎひつまぶし膳」弁当に入っていたら面白そう

ひつまぶし

1パックで1食分。

うなぎはちゃんと本物を使用してるみたいです。

常温保存OKで、温めなくても食べることが出来ます。

これをご飯に振りかけ、最後にお湯をかければ鰻のひつまぶしの完成です。

 

中身はこんな感じ。

ひつまぶし

うなぎが入っている具材パックと、ご飯に混ぜ込む調味料パックの2つに分かれています。

ちょっと豪華な「ふりかけ」みたいな感じでしょうか。

常温OK温め不要なので、まさに弁当にぴったりです。

当時こんなのが弁当に入ってたら、めっちゃテンション上がってましたよ。

「鰻のひつまぶし」再現度は

ひつまぶし

ご飯の最適な量は記載されていませんでしたが、調味料パックを見た感じ結構大盛りでもいけると思います。

具材パックを開けた時は、モロ焼き鳥の缶詰の匂いが・・・。

そのときはがっかりしたんですが、お湯をかけると一気に香りがひつまぶしっぽくなりました。

 

そして、いざ食べてみると普通に美味い!

これ、風味はひつまぶしそのものですよ!

そりゃあもちろん店で食べる本物には及びませんが、これでも十分楽しめました。

なんにせよ、この格安値段でこのクオリティなら上等ですよ。

最後に

弁当が楽しみだった当時の記憶がよみがえる・・・。

学生の頃は母が豪華な弁当を作ってくれてましたが、たまにこんな面白弁当があってもいいなと思いました。

在宅ワークの自分にとって、これから弁当を作って食べる機会はそうそうないんでしょう・・・。

ワクワクしながら弁当を開けていたあの頃に戻りたいです。切実に(笑)