PHPを使ったwebサイト作りの基本!文字の出力方法を紹介

PHP web制作

前回はPHPの基本について紹介しました。簡単なPHPの特徴がまとめてありますので、よかったら見てみてください。

PHPはどんなプログラミング言語?PHP初心者に向けたPHPの特徴まとめ
PHPはwebシステム作成に使用されるプログラミング言語です。HTMLだけでは表面的なページしか作れませんが、PHPを使うことで検索やショッピングカートなど、より複雑な仕組みを加えることが出来ます。 ...

今回はその中でも、PHPの文字の出力方法を中心に見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

PHPでHTMLタグや文字を出力

それでは早速PHPで文字を出力する方法を見ていきましょう。
以前書いた記事で、HTML文章の中にPHPを埋め込む方法を簡単に紹介しましが、今回はその逆でPHPでHTMLのタグを出力する方法を紹介します。

<?php

echo “<!DOCTYPE html>\n”;
echo “<html>\n”;
echo “<head>\n”;
echo “</head>\n”;
echo “<body>\n”;
echo “<div>\n”;
echo “<p>あいうえお</p>\n”;
echo “</div>\n”;
echo “</body>\n”;
echo “</html>\n”;

?>

PHPでの文字の出力には「echo」や「print」を使います。どちらも基本同じ動きをしますが、引数の設定などそれぞれ特徴もあるので気になる人は調べてみてください。

こんな感じで、1行ずつ記述する方法が1つ。これが面倒な人のために、まとめて記述するヒアドキュメントというものがあります。

PHPヒアドキュメント

長い文字列に名前を付けておき、この名前を指定することで文字列を出力します。

<?php

echo <<<ABC
<div>
<p>あいうえお</p>
</div>
ABC;

?>

<<<ABC」から「ABC;」で囲まれている部分がヒアドキュメントです。「ABC」の部分は大文字のアルファベットなら自由に設定できます。
ここでは「ABC」という名前のヒアドキュメントを「echo」で出力しています。

PHPでの文字列、数値の記述方法

PHPでは、文字列と数値では記述方法が異なることに注意してください。
文字列・・・文字列を表すときは、「」か「」でくくります。
ex(‘あいうえお’ 、 “あいうえお”)
数値・・・数値は文字列のようにくくる必要がありません。

スポンサーリンク

最後に

今回紹介した文字の出力方法を使うことで、簡単なwebページをHTMLファイルではなく、PHPファイルで表現することが出来ます。

これだけではPHPを使う意味はそうありませんが、データべースと連携したwebページ等を作る第一歩になると思います。