春を感じる爽やかフルーティな味わい!話題の「いちごウイスキー」はコークハイを進化させました

いちごウイスキー 料理

この地域は寒いんで、4月末~5月くらいに春が到来します。

最近ようやく桜も咲き始めてきました。そろそろ満開です。

 

※追記 数日後桜が満開になったので、花見に行ってきました。

樹齢1,100年!岐阜県の臥龍桜。花見にかこつけて昼間っから飲み食いしてきました。
桜が満開を迎えたようです。ようやく日中は少し暖かくなってきました。 もう5月ですよ。ほんとどんだけかかるんですか。 といってもまたすぐ梅雨に入るので、当分はこの何とも言えない天気が続くんで...

そんな春真っ盛りの今、ネット上で話題の酒があります。

それが「いちごウイスキー」。

いちごの色が抜けたピンク色が春のイメージにぴったり!

美味しすぎる!

と騒がれてました。

いちごのチューハイもあるくらいなので当然美味いでしょうよ。

 

また、春にいちご?とかも思ったんですが、ちょっと調べてみると旬は4・5月らしいです。

完全に冬だと思ってました。

よくスーパーで冬に見かけるのは、クリスマスケーキのためだとか。

 

そんなわけで、あまりにも美味い美味いと話題になっている「いちごウイスキー」を作ってみたくなりました。

最近自家製にもハマってますし、なにより簡単そうなので。

スポンサーリンク

話題の「いちごウイスキー」を作ってみた

材料

  • いちご
  • 砂糖
  • ウイスキー

それでは作っていきましょう。

いちごは凍った状態で使うので、前日から凍らせておきました。

これ、付いてるのは砂糖じゃないです。氷ですよ。

いちごウイスキー

今回使うウイスキーはこれ。

初めてなんで比較的安めのウイスキーを買ってきました。

いちごウイスキー

作業は簡単。

適当な瓶に材料を投入していくだけです。

色々作り方を調べたら、いちご1個に対して砂糖2gくらいが最適のようです。

あとはいちごがひたひたになるくらいのウイスキーを入れて、冷蔵庫で5日間くらい待ちましょう。

いちごウイスキー

なかなかいちごの色が抜けなかったので、結局6日間くらい放置したのがこちら。

ウイスキーの色は完全にいちごの赤色になってますね。

いちごウイスキー

フタを開けてみると、いちごのフルーティで爽やかな香りがします。

めっちゃいい匂い。

いちごウイスキー

当のいちごは、ウイスキーを吸っておぞましい感触に・・・。

恐る恐る食べてみると、酒の苦味しか感じませんでした。

これでウイスキーも不味かったらもう最悪な事態ですよ。

いちごウイスキー

まぁ、肝心なのはこっちじゃないので「いちごウイスキー」を飲んでみましょう。

いちごウイスキー×炭酸水

いちごウイスキー

まずは、シンプルに「炭酸水」で割ってみました。

純粋ないちごウイスキーの味を見てみたかったんです。

 

しかし味は微妙。そんなに感動はありませんね。

ほんのりいちごの風味はあるんですが・・・。

ウイスキーの方に砂糖は入れてありましたが、甘さはほとんどありませんでした。

 

炭酸水が悪かったんでしょうか。

いちごウイスキー×コーラ

いちごウイスキー

もともとは炭酸水だけのつもりでしたが、これではあまりにも残念だったので、たまたまあった「コーラ」で割ってみました。

 

これはかなりの完成度。

 

自分はよく居酒屋とかでコークハイを飲むんですが、それがより美味しくなってます。

普通のコークハイを飲んだ後に、いちごの甘い風味がふわっと口の中に残るイメージです。

まさしくコークハイが進化しました。これは確かに美味すぎます。

スポンサーリンク

最後に

最初は炭酸水でもいけるかと思ってましたが、あくまでこれはコーラやソーダなどの土台があってこそ完成されるもの。

いちごウイスキー単体で飲むよりも、コーラで割った方が意外にもいちごの風味を強く感じました。

単純に、よくサワーに使われているような炭酸飲料で割るのがおすすめですね。