大葉を鶏ささみでクルクルして串打ちするよ【焼き鳥】

焼き鳥 ささみ

シェアよろしくです

ダイエット食品としても定評のある「鶏ささみ」。安くてヘルシーな肉として、日本の食卓に完全に定着しましたね。

今回はそんな鶏ささみプラス「大葉」を使って家庭焼き鳥を作っていこうかと。

鶏ささみの串打ちはとある本を参考にさせていただきました。これがまた面白い本でして…。

炭火は準備が面倒なんでオーブンで代用。最後に特製ソースと一緒にいただきます。

スポンサーリンク

【焼き鳥】大葉と一緒に鶏ささみを串打ちするよ

鶏肉のあらゆる部位の”捌き方”と”串打ち”が網羅された本。その名も「やきとり大全」。

焼き鳥オンリーで全255ページにもわたる超大作。本の厚さだけでなくサイズ自体がデカい。

料理、居酒屋好きの僕としては、見るだけでもなかなか楽しめる一冊でした。

今回はこれに従って鶏ささみの串打ちをしていこうと思います。

1、鶏ささみを薄く平らに捌く

焼き鳥 ささみ

大葉が巻きやすいように、ささみを薄く平らに捌きます。(横からもう片方のぎりぎりまで包丁を入れ開くイメージ)

できればついでに白い筋も取っておきましょう。

焼き鳥 ささみ

筋が取れて平べったくなってきました。

さらに両脇の盛り上がったところに包丁を入れて開いていきます。

焼き鳥 ささみ

これがささみを薄く捌く方法。

他の料理にも応用できそうです。

2、捌いた鶏ささみで大葉をクルクル巻く

焼き鳥 ささみ

捌いた鶏ささみで大葉を巻いていきましょう。

このサイズなら3枚くらいが良いでしょうか。どうぞご自由に。

焼き鳥 ささみ

ささみの幅が狭い方から巻いていくのがポイント

クルクルクルと…。「巻く」ってなんか凝った料理作ってる感じがして高揚しますね。

3、串打ちのコツは5つ

焼き鳥 ささみ

巻き終わったら4等分にカット。これでちょうど一口サイズになります。

なぜか想像以上に大葉が中央に密集しましたが気にしません。

焼き鳥 ささみ

そして串打ち。

「やきとり大全」によると、串うちのポイントは5つ。

  1. 繊維に対して垂直に打つ
  2. 重心をとらえる
  3. 厚みを揃える
  4. 重量を揃える
  5. 末広がりに打つ

部位や打ち方にもよりますがこれが串打ちの基本。

それぞれの理由等、詳しくはまたの機会にでもまとめたいと思います。

4、オーブンで約6分

焼き鳥 ささみ

あとは焼くだけ。

本来は当然炭火で焼き上げるんですが、準備が面倒なのでオーブンを使用。

両面3分位ずつ焼けば中まで火が通ります。

ささみは火の通りが早いので、様子を見ながら調整しましょう。

5、特製の梅マヨソースに付けておあがりよ

焼き鳥 ささみ

ささみが焼きあがると、大葉のクルクルが綺麗に浮かび上がってきました。

炭火じゃないので焼き目はいまいち…。バーナーでも使えば見栄えが良くなるでしょうか?

焼き鳥 ささみ

最後に、シェフの気まぐれ「梅マヨソース」を添えておきました。

ささみは味が淡白なので、何かしらソースのようなものがあると良いですね。

作り方はたたいた梅とマヨネーズを和えるだけ。大葉、鶏ささみとの相性は言うまでもないでしょう。

これで鶏ささみのパサパサ感も低減されます。

最後に

「串打ち3年、焼き一生」と言われる焼き鳥。

打ち方もいろんな種類があって、深く調べてみると結構面白いんですよねこれが。

家庭でやる時は炭火の準備が大変ですが、オーブンで妥協してしまえば手早く作れます。

ちょっとしたつまみには最高っす。

スポンサーリンク



シェアよろしくです

フォローもよければ