実は全く臭くない!?アイゴの刺身の美味しい食べ方

アイゴ 刺身 料理

アイゴは独特な臭いを放つことで有名な魚…。

そのことから、釣ってもリリースされることがあるそうです。

でも実際食べてみると全然そんなことありませんでした。はっきり言って臭くないです。

普通の淡白な白身。美味しいんですよ。

アイゴの美味しい食べ方を紹介するのでぜひ食べてみてください!

スポンサーリンク

食べる前に知っておきたい!アイゴってどんな魚?

アイゴ

アイゴを食べる時に知っておきたいポイントは2つ。

ヒレに毒針を持つ

1つ目はヒレについている「毒針」です。

刺さるとひどい目に合うので、食べる時にまずこのヒレを除去してあげる必要があります。

〆た後も毒は健在。調理する際は気を付けましょう。

内臓から漂うアンモニア臭

2つ目はアイゴの「臭い」。

実はアイゴのことを”ネションベン”なんて呼ぶ地域もあるくらいで、臭くて食べられないという人もいる魚なんです。内臓からアンモニア臭がするんですよ。

 

ただし、これには個体差があるみたいで、僕が食べた時は全くと言っていいほどに臭さはありませんでした。

どちらかというと、釣った直後や調理の際の処理が重要な気がします。

上手に捌けば臭くない?

アイゴ 刺身

アイゴは臭くて食べられないという人もいますが、先ほど言った通り処理の仕方を間違わなければ普通に美味しく食べられる刺身だと思います。

内臓を潰さないように捌いて、柵取りした身を塩水処理するだけでも美味しくいただけます。

 

見た目も鯛みたいで普通の美味しい白身なんですよね。

スーパーでも安く売ってますし、これを食べずに捨てるのははっきり言ってもったいない。

お店で食べることこそないかもしれませんが、家飲みで安く刺身を食べようと思った時には最高のつまみになります。白子と卵も美味いですしね。

 

ちなみに捌き方は別の記事にまとめてあるので、興味がある人は1度見てみてくださいね。

アイゴの刺身の美味しい食べ方

ここからはアイゴの刺身の食べ方を見ていきたいと思います。

写真からも普通に美味いことが伝わるはず…。いやほんと美味いんですよ。

アイゴの刺身

アイゴ 刺身

まずは普通にお刺身から。ほんと鯛みたいな見た目をしてるんですよね。

味は淡白な白身で、鯛の甘さがちょっと抜けたようなイメージでしょうか。

アイゴのような淡白で薄味の白身には「もみじおろしポン酢」が最高に合います。これ、好きな人にはたまらないんですよね。ほんと。

もしかしたら薄造りにするのも良かったかもしれません。

 

身が締まったモチモチ感が写真からも伝わると思いますが、処理さえちゃんとしてあげれば臭みもなく美味しい刺身なんです。

アイゴの塩だれ和え

アイゴ 塩だれ和え

それでも臭いが気になるなら、味付けしてしまうのも1つの手段です。

今回は「ゴマ油」「塩」「ネギ」を使って、アイゴの塩だれ和えを作ってみました。

これがまた美味いんです。

 

他にも、なめろう、たたき、カルパッチョのような食べ方も相性抜群だと思います。

アイゴの握り

アイゴ 寿司

続いてアイゴの握り。最近は寿司を握るのにハマってます。

お寿司屋さんではアイゴの握りなんて出てこないでしょうね、さすがに…。

これは家飲みならではかもしれません。

 

ちなみに酢飯の作り方は別記事にまとめてあります。めちゃくちゃ美味いのでぜひお試しください!

アイゴの炙り

アイゴの炙り

個人的には炙りもおすすめ。

ごま油と塩を適当に合わせた「塩だれ」でいただきます。

炙ることで風味も一気に変わり、また違った味わい方が楽しめます。

アイゴは「白子」と「卵」も美味い!

アイゴ 白子 卵

アイゴの美味しい食べ方は刺身にとどまりません。

実は「白子」と「卵」も美味しく食べられるんですよ。今回は煮つけです。

2匹買ったんですが、ちょうどオスとメスだったのでラッキーでしたね。夏が旬らしくサイズもなかなかのものでした。

(追記:後日より大きなサイズも買ってみたんですが、アイゴのサイズと内臓の大きさは比例しないようです。)

 

また嘘みたいな話なんですが、地域によっては身を食べずに、わざわざ白子と卵だけを取り出して食べるところもあるそうなんですよ。

でもその気持ちも分かります…。

アイゴ 白子 卵

特に卵は粒が小さくてとろけるような食感でした。

たらこが好きな人は気に入るような気がします。いやむしろたらこより美味いんじゃ…。それくらい美味い。

ちなみに、白子は軽く茹でてポン酢で食べるのが良いかもしれません。

どちらも臭さは感じないので安心してください。

 

白子と卵は、臭さの原因である内臓を引きずり出すと腹の奥に残るので、上手く取り出して食べてみてください。決して捨てないように!

アイゴの刺身全く臭くないんですが…

アイゴ 刺身

すごく臭い魚だと聞いていましたが、自分の舌を疑うくらい普通に食べられました…。

「この臭さが好きなんだ!」なんていうわけでもなく、そもそも臭さを感じません。何なんでしょうか…。

確かに捌くときは内臓の独特な臭さが漂ってましたが、刺身からは全く臭いがしません。

 

個体差があるという情報も見かけたので、今回はたまたま当たりを引いたのかもしれませんが、ちゃんと処理してあげれば大丈夫だと思います。

そもそもスーパーに売ってるくらいですからね。食べられないわけがない。

 

とにかく安くてコスパが良いので、家飲みには持ってこいの魚なのかもしれませんよ。お手軽に贅沢な気分が味わえます。