ラーメンの「かえし」はもともとチャーシューの煮汁から作られていた

醤油ラーメン 料理

家庭で簡単に作れる本格ラーメン。

チャーシューの煮汁を利用して”かえし”を作り、スープは「創味シャンタン」を使います。

手間はかかりませんが、かえしとスープの配合など、本格的なラーメン作りが楽しめると思いますよ。

スポンサーリンク

ラーメンの”かえし”はもともとチャーシューの煮汁から作られていた

もともとラーメンのかえしは「醤油だれ」のことです。

多くの店がラーメンのトッピングである”チャーシュー”の煮汁を使って作っていました。

今は醤油ラーメン以外にも色々な種類のラーメンが増えてきたこともあり、かえしを別に作る場合がほとんど。

チャーシューの煮汁から作るラーメンは、いわば元祖醤油ラーメンともいえるでしょう。

家庭で簡単に作れる本格醤油ラーメン

それでは家庭で作れる本格醤油ラーメンを作っていましょう。

1、炊飯器でチャーシューを作る

材料

  • 豚ブロック   500g
  • 醤油      100㏄
  • 酒       100㏄
  • みりん     100cc
  • 砂糖      20g
  • 水       50㏄
  • しょうが    小さじ1

まずはチャーシュー作りから。

今回は炊飯器で簡単に作る方法を紹介。

チャーシュー 炊飯器

「豚肉」、「醤油」、「酒」、「みりん」、「砂糖」、「水」、「すりおろししょうが」を炊飯器に入れて、40分位炊いていきましょう。

チャーシューの煮汁は”かえし”に使うので捨てないように注意

チャーシュー

あとはスライスしたチャーシューを、ラーメンが出来上がる直前にバーナーで炙れば完成。

香ばしい香りが最高です。

チャーシュー

 

2、ラーメンのかえしを作る

続いて本日一番のポイント「かえし」です。

チャーシューの煮汁を使ってお好みの味に調整していきます。

ラーメン かえし

今回使ったのは、「魚粉」と「にんにく」。どちらもチューブ状のものを使用。

かえしは次に作るスープに対してちょっとしか使わないので、相当味が濃くても大丈夫です。

魚粉のチューブはあるとなかなか重宝しますよ。

3、創味シャンタンでラーメンのスープを作る

ラーメンスープ

次にかえしと合わせるスープを作ります。

使うのは「創味シャンタン」。

手っ取り早く中華スープを作りたいならこれが一番です。

他の中華出汁と比べるとちょっと高いですが、スープの出来はさすがの一言。

4、ラーメンスープを配合

ラーメンスープ

チャーシューの煮汁から作った「かえし」と、創味シャンタンで作った「スープ」を配合します。

いきなりラーメンの器に入れずに、一度別の小皿で味を試してみると良いでしょう。

なんか本格的にラーメンを作っている気分になってきます。

最後に塩で味を調整しました。

 

5、チャーシューの他にもお好みの具材をトッピングして完成

醤油ラーメン

盛り付けたら完成です。

朝から仕込んでおいた煮卵もトッピング。

炙りチャーシューの香ばしい香りがラーメン店の香りを演出します。

醤油ラーメン

今回、麺はマルちゃんの「鍋用ラーメン」を使いました。

これが地味に美味くて気に入ってます。

醤油ラーメン

最後は、余ったスープでお茶漬けも楽しめますよ

これは以前行ったラーメン屋で知った食べ方。

醤油ラーメン

意外なことに”わさび”が超合います

チャーシュー、ネギが残ってたらさらに良し。

最後に

チャーチューの煮汁から作る元祖醤油ラーメン。

創味シャンタンと魚粉があるだけで、家庭ラーメンはかなりレベルアップします。

なんだかんだ言ってこれが味の決め手。

ラーメン以外の料理にも使えるのでおすすめです。