家飲みが最高に楽しくなる「お取り寄せおつまみ」まとめ

家飲み お取り寄せ

家飲みをワンランクアップさせるためのキーワードはズバリ「お取り寄せ」です。

スーパーの食材でつくるお手軽おつまみも良いんですが、最近のお取り寄せグルメは優秀でして、お手頃価格で居酒屋さながらの本格おつまみが食べられるんですよ。

ここではそんな家飲みをより楽しむための「お取り寄せおつまみ」を紹介します!

スポンサーリンク

お取り寄せのクオリティは想像以上に高いです

家飲み おつまみ

僕は料理が好きなタイプなので、スーパーで適当に食材を買ってきておつまみを作ったりもするんですが、実際そこには限界があります。

特に田舎の小さいスーパーなんかは並んでいる商品もいつも同じで、これだけだとどうしても「居酒屋でしか食べられない料理」が出てくるんですよね…。

 

そんなこんなで、「鮮度等の問題でスーパーにおけない食材は、そもそも居酒屋でしか食べられないもの」とあきらめることが多いんですが、実は居酒屋に遜色ないレベルでお取り寄せ出来る料理や食材もあるんです。

というのも、ネットショップが活発に利用されている現代。居酒屋などの飲食店に食材を提供していた卸屋さんが、それと同じレベルの商品を我々一般家庭に向けても販売しているんです。

 

Amazonや楽天市場でネットショッピングをしている人は多いと思いますが、居酒屋に卸しているような食品が普通に販売されていたりします。商品や運営会社の詳細を覗いてみるとけっこう面白いですよ。

こうなってくると、遜色ないというかもはや同じってことになりますよね。ここまでお取り寄せのクオリティが上がってきているんです。

居酒屋の馬刺しはどうやって提供されているのか?

馬刺し

例えば、居酒屋の人気メニュー馬刺しってどうやって提供されていると思いますか?

「お取り寄せの馬刺しって大丈夫?そもそも美味いの?」なんて思う人もいると思いますが、実際のところ居酒屋で食べているのと変わらないことが多いです。

 

馬刺しをお取り寄せすると、大抵50gづつに小分けにして冷凍されて届きます。

この50gというのが居酒屋で出てくる1人前の量なんですが、これ、完全に凍った状態からも冷水にさらすことで10分~15分位ですぐに解凍できるんです。

一般的な居酒屋で出てくる馬刺しも、実はこれと何ら変わりのない方法で提供されているんです。

 

要するに、扱う食材が同じなら居酒屋もお取り寄せもクオリティに特別な差はないってとです。

飲食店もそうやって仕入れをしているんですから、当たり前と言えば当たり前の話ではあります。

家飲みを盛り上げる「お取り寄せおつまみ」

ここからいよいよ、お取り寄せおつまみの紹介です!

面白いおつまみに出会ったらその都度更新していこうと思います。

馬刺し

馬刺し 食べ比べ

先ほども少し紹介しました「馬刺し」です。

馬刺しと言ったら熊本が有名な産地ですが、Amazonや楽天に出品されている馬刺しはほとんどが熊本産。

いくつかのお店で取り寄せてみましたが、価格が安いものでも大差なく美味いです。

小分けにされていて賞味期限は半年~1年もあるので、冷凍庫にストックしておくといつでも最高の家飲みになります。

合鴨のたたき

合鴨のたたき

居酒屋でもなかなか食べることの出来ない「合鴨のたたき」。

表面を炭火で軽く炙った合鴨。鴨ならではの皮(脂)の食感が癖になります。

しかも驚くほど安いんですよこれ。

臭みもなくレア肉好きにはたまらないおつまみでしょう。

鶏刺し

鶏しゃぶ ささみ

家飲みでも「鶏刺し」が食べられます。

部位はもも、むね、ささみの3種類。加工前の状態で届くので好きなように調理してみてください。

鶏しゃぶ、鶏刺し、たたきなどいろいろな食べ方が楽しめますよ!

鶏手羽のネギ塩あえ

鶏手羽 刺身

生の手羽先が味わえる「鶏手羽のネギ塩あえ」。

他の部位にはない、コリコリと弾力のある食感が癖になる味わい。

ごま油が香る濃い目の味付けにお酒も進みます。

豚軟骨

豚軟骨

鶏軟骨ならぬ「豚軟骨」。

一度居酒屋で食べてからハマったんですが、豚軟骨煮込はコスパ最強のおつまみです。

スーパーではあまり見かけませんが、ネットでとても安く購入できますよ。

サーモン塩辛

サーモン塩辛

こちらは有名な「サーモン塩辛」。メディアで取り上げられたこともあり人気があります。

サーモンで一番脂の乗ってるハラスのトロトロ感がたまりません…。

寿司屋のサーモンってどこで食べても美味いように、安定した美味さがありますね。

ちなみに姉妹商品として「甘えび塩辛」もあります。

朴葉味噌

渋さが光るおつまみ「朴葉味噌」。

朴葉味噌にもいろいろあるんですが、個人的には甘口がおすすめです。

濃い目の味付けで酒もご飯も進みます。

市田柿ミルフィーユ

市田柿ミルフィーユ

ワインやブランデーと相性抜群のスイーツ「市田柿ミルフィーユ」。

柿とバターという不思議な組み合わせが驚くほどにマッチします。

ちょっとオシャレなおつまみです。

ゆったり至高の家飲みを

居酒屋には居酒屋の良さ、家飲みには家飲みの良さがあります。

家飲みの良さは、なんといってもあの「ゆったりと楽しむ至高のひと時」にありますね…。

 

一般家庭でもプロのお店さながらの料理が作れる時代。おつまみもちょっとこだわるだけで居酒屋レベルに近づきます。

調理不要のものも多いのですし、たまには豪華な家飲みも良いんじゃないでしょうか?